カナダ人落語家「日本人に感じた魅力を語ろう」

柔軟で貪欲、謙遜は美徳だが自慢してもいい

――日本には、落語以外にも、海外に伝えるべき魅力が隠れていそうですね。

魅力ありすぎですよ! 経済的にはバブルが崩壊して元気がなくなったかもしれませんが、たとえ経済力で中国に負けることになっても、技術、文化、美術、芸術など、すばらしいものがあります。地方に行くと、陶器や寄木や、すばらしい伝統工芸がたくさんあるじゃないですか。アピールしないとね。

――日本人はアピールが苦手ですからね。

アピールしないと外国人にはよさが伝わりません。例えばお刺身は長年の修行がないと上手には切れません。包丁にも、長年の伝統と技術、修行が隠れています。それらが合わさって唯一無二の芸術を作り出しているのです。でも、それを知らない外国人には、刺身はただ魚を切っただけに見えます。

私服だと落語家にはとても見えない(写真:筆者撮影)

以前、酒蔵の4代目がニューヨークを訪問して、日本酒を紹介していたのですが、4代目だということをあまり強調しないのですよね。本人は「親父から継いだだけ」みたいな感覚なのかもしれませんが、アメリカ人にとっては、「え!? おじいちゃんのお父さんの代から、150年も日本酒を作り続けているの?」と、感動ポイントですよ。でも、それを説明しないと「おいしいね」で終わってしまう。日本の一流の何がすごいのかを世界に伝えたら、外国人は感動するし、絶対にマーケットはあると思います。自信を持ってください。

――自信といえば、謙遜の文化は、サンシャインさんの目にはどう映りますか?

「つまらないものですが」とプレゼントをくれるから、「たいしたことない物か」と思っていたら、後で「え!? むっちゃすごいモノくれてるやん。早く言ってよ!」となりますね(笑)。アメリカ人なら「むっちゃ貴重なもの持ってきたよ!」と自慢するのに。もちろん、後から価値を知ったからこそ、感動が10倍になるという側面もありますけれどね。

外国人の視点から日本の良さを伝える

――サンシャインさんはニューヨークではもちろん、ワールドツアーで世界各地に落語を広め、同時に、マクラでは、日本人気質や日本文化の面白さ、魅力を伝えてくださっています。

ええ、そうです。お任せくださいませ。僕のマクラを聞いた外国人は、「面白い。日本に行きたくなった」と言いますよ。僕の役割は、外国人の視点から、日本のよさを伝えることだと思っています。

――最後に、日本の皆さんにメッセージをお願いします。

いつもお世話になっております。縄文時代からコツコツと、すばらしい文化を築いていただき、ありがとうございます。僕の人生は落語で変わりました。できるだけ恩返しさせていただきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。