カナダ人落語家「日本人に感じた魅力を語ろう」

柔軟で貪欲、謙遜は美徳だが自慢してもいい

カナダ出身で日本の落語をマスターした桂三輝(サンシャイン)さん(写真:サンシャインさん提供)
外国人としては史上2人目とされるプロの落語家・桂三輝(サンシャイン)さんが、ニューヨークを中心に世界で活躍している。20年にわたり日本文化にどっぷりと浸かり、日本を愛するサンシャインさんに、「外国人から見た日本人」について語ってもらった。

日本人は、文化に対する貪欲さと柔軟性がすごい!

――カナダ出身のサンシャインさんが、最初に日本に来たきっかけは?

トロント大学で芝居の研究をしていて、能と歌舞伎には、ギリシャ喜劇と共通する点があると知りました。「本物を観てみたい」と1999年に半年間の滞在予定で日本を訪れました。当時はインターネットも発達していなかったので、日本に関する事前情報はほとんどなし。「経済大国」「カブキ」「スシ」ぐらいのイメージでしたね。

――日本の第一印象は?

新宿に行ったら、高層ビルのライトアップが未来的で、テクノロジーを感じました。一方で、路地に入れば、何代も続く老舗の呉服屋やお茶屋が残っています。伝統と最新が混在していて「何ここ、最高に面白い!」と。

――アメリカやカナダは、歴史が浅いですからね。

ええ。ヨーロッパには歴史がありますが、「社会がモダンになりすぎると、伝統が忘れられる」という恐れを持っています。ですから、新しいものを取り入れることに慎重ですし、伝統は「守るべき存在」です。一方、日本人は、とてもナチュラル。頑張って伝統を守っている感じがなく、「面白いから」と茶道や書道を習ったり、俳句や短歌を趣味にしたり、子どもに剣道を習わせたりしています。

――同時に、日本人は、「面白い」と思ったら、外国文化も躊躇なく取り入れます。最近はハロウィーンなんかもイベントとして定着していますね。

そうそう、宗教でも、仏教、神道、キリスト教など、イベントに合わせていいとこ取り。こだわりが薄いですね。「どっちかを選ぶ必要がある?」とばかりに、文化を掛け合わせるのが得意。明太子パスタなんて、イタリア人もびっくりですよ。文化に対して、これほど貪欲で柔軟な国はほかにないでしょうね。

――「日本人は、マネはうまいが、オリジナリティーがない」と、ネガティブにも評されてきました。

マネして、10倍のクオリティーに仕上げるのがうまいですね。私の父はカナダで自動車修理業をしていましたが、「日本車はアメリカ車のコピー」と悪口を言いながらも、「性能がいいのは見習うべきだ」とも言っていました。日本人のマネのうまさは、悔しさと尊敬の念で見られてきたのではないでしょうか。

次ページ日本人はゼロから生み出すのが苦手?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。