「小さすぎる水筒」が予想外にバカ売れした理由

会社側が想定しなかったこれだけの用途

そんなある日、出張中にふと、飲み残した500mlのペットボトルを見て思ったという。

「自分は体格がよいほうなのに、飲みきれていない。ということは、女性はもっと小さいものを求めているのでは? そういえば、弁当箱等も小型化しているぞ……」

売れ筋は、シルバー。今秋投入されたピーチピンクやベージュも人気(撮影:尾形文繁)

そこで、大手の水筒開発の動向をリサーチすると、容量は減らさず軽量化する方向に注力していることが判明。「モノを軽くしても飲み物を入れれば重くなるじゃないか」と、業界の方向性に矛盾を感じた小林代表は、「小型化しかない」と確信した。そこからは、「pocket×little×bottle=poketle」というネーミングや、環境にやさしい「必要な分だけ」というキーワードが次々と浮かび、あっという間にコンセプトが完成。このイメージに合わせデザインを詰めていった。

ちなみに、120mlに決めたのは、「知っている飲み物の中で最小量はオロナミンC(120ml)だったから」(小林代表)。OEMのノウハウや人脈も生かされ、ポケトルはわずか5カ月で完成した。

一方で、最後まで大きな不安がつきまとったという。社外の信頼できる人たちに話をすると、散々「売れない」「無理だ」と言われ、社内からも「小さすぎるのでは」と心配されたからだ。それでも潜在ニーズを信じ、やると決めたが、「開発中は、サイズやデザインすべてがこれで正解なのかと悩み精神的にかなり苦しかった」と、小林代表は振り返る。

サステイナブル路線で引き合いも

この連載の一覧はこちら

こうして生まれた6色のポケトルは、昨年秋の展示会で発表するや否やバイヤーが殺到し、増産続きで今に至る。現在も店舗によっては品薄の場合があるとか。今年10月には高さをさらに低くして保温力もアップさせた「ポケトルS」のほか、クリアボトルやスープボトルも投入。大手食品メーカーやアパレル業界からのコラボ依頼も複数あり、今もなお販路は拡大中だ。

また、サステイナブルの象徴としての引き合いも。12月12~13日、京都市での国連世界観光機関(UINWTO)と国連教育科学文化機関(ユネスコ)による国際会議において、ペットボトルの代わりにポケトル300本が配布されたのだ。会場にウォーターサーバーを設置し、好きなときに水を継ぎ足す形で参加者に使ってもらったという。

「使う人の目線を考えたやさしさがなければ、大ヒットする商品は作れない」。これは小林代表が独立する際、恩人の方が送ってくれた言葉だそう。「以来、商品にやさしさが含まれているかという点にはこだわってきました」と、小林代表。

筆者は、このエピソードがストンと腑に落ちた。最新技術や斬新な発想により、使い始める際に戸惑ったり、使いこなすまでに多少時間を要するような商品もある昨今。それはそれで楽しく刺激的だが、やはり誰もが簡単に使うことができ、日常の隙間に潜む不便さにそっと手を差し伸べ支えてくれる商品に人はホッとするのではないだろうか。

ポケトルには、そんな“やさしさ”が確かに感じられる。ヒットの真相は、ここにあるのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT