最新版!「連続増益でROEが高い企業」TOP100

1位北の達人、2位UTで、話題のワークマンは?

北の達人コーポレーションはヒアルロン酸化粧品や粉末オリゴ糖などが大ヒット。北海道のみならず、今や全国レベルでも最も目立つ、新興勢力だ(写真:「北の快適工房」公式サイトより一部抜粋)

年末に向けて株式市場が膠着する中、2期連続増益見込みで、ROE(株主資本利益率)が高い企業はどこか――。

2018年に年間で5.7兆円を売り越し、今年に入っても消費増税を嫌い、売り越しを続けた外国人投資家。それが消費増税の影響を見極めたことで、再び買う動きを強めている。10月は1カ月だけで1兆円を超す買い越しとなり、11月に入っても買う姿勢を崩さず、日経平均の2万3000円突破の原動力となった。

その外国人が注目するのがROE。自己資本に対する利益の比率を表し、企業の儲けっぷりを示す指標だ。それも時価総額が1000億円以上、かつ、高ROEの企業が買われる傾向が強い。ただ、高成長の新興ベンチャーでも外国人持株比率は高まっており、今後、時価総額1000億円超えが期待される高成長企業も注目される可能性がある。

北の達人はヒアルロン酸化粧品が大ヒット!

そこで今回、時価総額300億円以上に絞って、ROEの高い銘柄をランキング。本日発売の『会社四季報プロ500』2020年新春号にも同様のランキングを掲載しているが、ここでは今期来期とも増益予想に限定するなど、条件を変えた特別ランキングを掲載する。いずれも外国人買い期待の高いものばかり。プロ500掲載の注目銘柄が数多く並んだので、あわせてご活用いただきたい。

最新の『会社四季報 プロ500』(2020年新春号)は12月13日発売。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

ランキングトップに立ったのが北の達人コーポレーションだ。北海道に本社を置く健康食品会社で、ROEは50%を超す勢い。とくに好業績を牽引するのが、小じわ対策のヒアルロン酸化粧品と粉末オリゴ糖。業績拡大を見せた2017年から2018年4月にかけて、株価が10倍になる急騰劇を見せ、昨年末にいったん調整したが、足元は反発局面にある。

2位に入ったのは製造業派遣大手のUTグループ。この11月に東証1部指定となり、2020年3月期も自動車向けの引き合いが強く、最高益を更新する見通し。こちらも今期ROEが50%を超えてきそうだ。一時伸び悩んだ株価も上向いてきた。

次ページ「工具界のアマゾン」、MonotaROの躍進
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。