「本末転倒な選考」がまかり通る時代は終わった

データで判定、「就活テクニック」も無意味に

・面接時、わざと難しい言葉を並べ立て、わからないだろうと思うことを話した後、「わかりましたか?」と聞いたときに、「はい」とただ答える学生はNG → (わからないことをわからないと言える姿勢を持っているかを見ているとのこと)
・接客もしくは対人アルバイトの経験がない学生はNG → (多様な人とのコミュニケーションを通じ、お金を稼ぐ経験値を見ているとのこと)
・団体競技での部活経験がない学生はNG → (個人ではなく、組織・チームで成果に向かう中で役割を担い、組織・チームで行動する経験値を見ているとのこと)
・ネクタイが曲がっている、シャツに皺がある学生はNG → (人に見られているという意識の高さを見ているとのこと)
・遅刻が少しでもあった学生は、何があっても絶対NG → (決められた約束を、どれだけ守れる人間かを見ているとのこと)
・あいさつをしない学生はもちろん、あいさつの声が小さい学生もNG → (自分自身の存在をアピールする力を見ているとのこと)
・面接の途中、学生の話が少し長いかなと思ったとき、あえてつまらなそうな表情や時計を見るなどしたときに、早めに話を切り上げるなどの変化なく、そのまま話を続ける学生はNG → (相手の心の機微をつかめる人材かどうかを見ているとのこと)

見極めポイントを研究するのは無意味

見極めポイントは、選考している人の数だけ無限にありますが、これを聞いてどう思うでしょうか。

学生の皆さんは、このように多くの見極めるポイントがあるのなら、その見極めポイントをできるだけ調べて、そこを外さないよう対策しようと思いますか?

どうしても、どうやっても入社したいという企業があれば、その企業においての見極めポイントを研究して対策することを否定はしません。しかし、その入社したい企業の正しい見極めポイントの情報が得られるかどうかは不明ですし、もし情報が得られたとして、現実的に、すべての見極めポイントをクリアしていくことは、かなり難しいでしょう。

つまり、企業の選考において、自分の努力では及ばない、自分ではよくわからない理由で選考NGになることは当たり前のようにあるということです。だから、選考不合格が重なっても、自分に自信をなくさないでほしいのです。

次ページ細かいことまで対策するのはムダ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT