「日経式60歳からの資産取り崩し法」の問題点

「老後のお金」の「正しい使い方と増やし方」

60歳を過ぎたら、お金の「取り崩し方」と「運用の仕方」をどう考えればいいのか?(写真:mits/PIXTA)

「老後2000万円問題」の余韻が残っているのか、そろそろ冬のボーナスの時期が近いからなのか、新聞や雑誌で資産運用の特集記事が目立つ。読者の関心の高まりもあるし、記事広告にもスポンサーが付きやすいのだろう。

資産運用ブームは結構だが・・・

麻生太郎財務大臣の対応ミスから始まった2000万円問題だったが、結果的には、金融機関にとって、大成功した「炎上マーケティング」になった。テレビだけでも、ニュース、情報バラエティ、国会中継まで含めて、圧倒的な露出量だった。その結果、国民の資産運用・資産管理に対する関心が高まったのは結構なことだ。

さて、そうした記事の中に、いささか疑問を感じる内容のものがあった。例えば、筆者は『日本経済新聞』(11月23日朝刊、21面)に載った「投資資産 売却も時間分散 安値売りリスク回避」で説明されている、老後の資産取り崩し法には大いに問題があると感じた。

現役時代の資産の形成だけでなく、老後(リタイア後)の資産の取り崩し方にも注意が向かうことはいいことだし、主にお金を持っているのが高齢者だということもあって、金融業界側も関心を持っている。しかし、ここで紹介されている方法は、一つには「危ない」し、もう一つには「もったいない」。

上記の記事で大きく紹介しているし、別の特集でも同様の方法を載せていたから、日経はこれをいい方法だと思っているのだろうから、この方法を仮に「日経式」と名付けるが、記事で紹介されている「60歳から資産を取り崩していくイメージ」の日経式・資産取り崩し法は、以下のようなものだ。

【「日経式資産取り崩し法」~「60歳から取り崩すイメージ」】
(1) 60歳から「残高の4%ずつ引き出し、年3%で運用」する。
(2) 75歳で運用を中止し、資産を定額で引き出す(図では95歳までの取り崩しを想定)。

 この方法のどこがいけないのだろうか?

次ページ「60歳から4%取り崩し」は何がダメなのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT