「日経式60歳からの資産取り崩し法」の問題点

「老後のお金」の「正しい使い方と増やし方」

さてここからは恒例の競馬コーナーだ。

今週末は中京競馬場のダートコースで1800メートルのチャンピオンズカップ(12月1日、中京競馬場11R、G1)が行われる。前身の「ジャパンカップ・ダート」の方が景気のいいネーミングだったように思うが、秋のわが国のダート王を決めるG1レースだ。

チャンピオンズカップの本命は「前走大負け」のインティ

今年のメンバーでは、3歳でデビュー以来5連勝、負けなしのクリソベリルの取捨が難しい。これまでの勝ち鞍の何れもが1馬身以上の差を付けた圧勝で大物なのかも知れないのだが、今年の3歳牡馬は今一つのレベルのようだし、中京競馬場が初コースで、これまでに戦った相手の実績が今一つなので、今回は本命にはしない。

本命には、前走、派手に負けたインティを採る。前走は、1番人気ながら、大外枠、厳しい先行争い、59キロの重い負担斤量、4コーナーでの不利、といった明確な敗因が複数ある。「明確な敗因があって大敗した馬を狙え」というのは、「大きな下げ相場で、しっかりした事業を持つ企業を買え」と言うウォーレン・バフェットにも褒めてもらえそうな競馬のセオリーなので、この馬に期待する。幸い、内枠(4番)を引いたので、今回は無理なく先行してレースを進められそうだ。

対抗は、馬の力が拮抗しているなら騎手に注目して世界の名手ランフランコ・デットーリを乗せてきたオメガパフュームを狙う。かつて有力馬主がテレビに出演した際に「デットーリは5馬身違う」と言った台詞を鮮明に覚えている。

3番手には実績馬ゴールドドリームが侮れない。

以下、前走でオメガパフュームを破ったチュウワウィザード、前走に出遅れながら好走したキングスガード、さらに、やっぱり強いかも知れないクリソベリルを押さえておくことにしたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT