我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 宮本輝、江部康二著

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 宮本輝、江部康二著

糖尿食といえば禁酒禁ビフテキ、低カロリーが常識だが、医師・江部康二氏が提唱する療法は趣がまったく異なる。肉も脂っこい料理も一向に構わないし、酒も蒸留酒なら飲んでよいというのだからありがたい。カロリー制限もなく、問題になるのは糖質だけ。つまりコメ、麦、砂糖、発酵酒だけ我慢すればよい。なぜそうなのかの根拠はたいへん面白く説得力がある。糖質によって食後の血糖値が急上昇することこそが血管に「嵐」を巻き起こして諸病の原因となるのだという。

この学説をまじめに自ら実践したのが宮本輝氏で、糖質制限食により症状は劇的に改善したという。血糖のメカニズムや高血糖の怖さ、カギを握るケトン体の説明など、両氏の対談は丁々発止、わかりやすい。途中で現代の医療と食生活が直面する深刻な問題点も俎上に載せられる。ただし日本の医学界ではこの説はなぜかまだ異端らしい。人間の体の不思議を知る、目からうろこの書である。(純)

東洋経済新報社 1575円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。