我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 宮本輝、江部康二著

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 宮本輝、江部康二著

糖尿食といえば禁酒禁ビフテキ、低カロリーが常識だが、医師・江部康二氏が提唱する療法は趣がまったく異なる。肉も脂っこい料理も一向に構わないし、酒も蒸留酒なら飲んでよいというのだからありがたい。カロリー制限もなく、問題になるのは糖質だけ。つまりコメ、麦、砂糖、発酵酒だけ我慢すればよい。なぜそうなのかの根拠はたいへん面白く説得力がある。糖質によって食後の血糖値が急上昇することこそが血管に「嵐」を巻き起こして諸病の原因となるのだという。

この学説をまじめに自ら実践したのが宮本輝氏で、糖質制限食により症状は劇的に改善したという。血糖のメカニズムや高血糖の怖さ、カギを握るケトン体の説明など、両氏の対談は丁々発止、わかりやすい。途中で現代の医療と食生活が直面する深刻な問題点も俎上に載せられる。ただし日本の医学界ではこの説はなぜかまだ異端らしい。人間の体の不思議を知る、目からうろこの書である。(純)

東洋経済新報社 1575円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT