伝説の高級小型車「BMC ADO16」はすごかった

別名「小さなロールスロイス」で貧乏旅行!?

名車と呼ぶに相応しいBMC・ADO16シリーズ。「小さなロールスロイス」と言われるゆえんとは?(イラスト:LEON編集部)  
1960年代初めから1970年代半ば辺りまで生産されたイギリスの小型乗用車、BMC・ADO16シリーズを知っていますか? あの、ミニ(ADO15)の成功を受けて開発されたもので、ピニンファリーナがデザイン。オースチン、モーリス、MG、ウーズレー、ライレー、バンデンプラと、なんと6種のブランドで販売されていたという伝説のモデル。
今回はその名車を手に入れたときのストーリーをお届けします。

「小さな高級車」といえば、そのものズバリのキャッチコピーを使っていた「トヨタ・プログレ」を思い出す人も少なくないだろう。

でも、僕の頭にすぐ思い浮かぶのは「BMC・ADO16」シリーズ。1960年代初めから1970年代半ば辺りまで生産されたイギリス産の小型乗用車だ。

今なお魅力的な輝きを放つADO16

ミニ(ADO15)の成功を受けて開発されたADO16は、いわばミニの上級シリーズといえるポジションのクルマだが、ピニンファリーナが描いたルックスは多くの心を惹きつけた。

4人の大人が余裕で乗れて、革新性と保守性を巧みにミックス&バランスさせたルックスは、今なお魅力的な輝きを放っている。

本記事はLEON.JPの提供記事です

ADO16は6種のモデル名で売られたが、一応その名を列記しておこう。オースチン、モーリス、MG、ウーズレー、ライレー、バンデンプラの6種だが、廉価な大衆ブランドから、スポーツブランド、高級ブランドまでをカバーしていたということ。

普通に考えれば、こんな展開はありえないし、成立しっこないのだが、AD016は成立した。少なくとも僕はそう思っている。

とくに、MGやバンデンプラの成立は、ひとえにピニンファリナのデザインのお陰だろう。

浮気性の僕と兄は、ADO16にもすぐ魅了され、早々に手に入れた。

僕はスポーティー・ブランドのMG を、兄は高級ブランドのバンデン・プラ・プリンセスを選んだ。

MGは当初1100だったが、後に1300にアップグレード。その流れで、結局、僕は2台のMGを買うことになった。

次ページ1台目はそのままで、2台目の1300は塗り替えることに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。