マツダ「CX-30」実際に買うならどのグレードか

選ぶ決め手は「セットオプション」にあり

CX-30を購入するうえで最初に決めておきたいのは、パワートレインだ。このクラスでは希少となったMTを望むのであればSKYACTIV-GかSKYACTIV-Xとなるが、 SKYACTIV-Xは約70万円高と価格差が大きい。

そのため、SKYACTIV-Xも気になっているのであれば、試乗をしてしっかりと吟味したほうがよさそうだ。なお、MTもATも価格は同一となっている。

ディーゼルエンジンは要注意

SKYACTIV-Dは、豊かなトルクによる力強い走りやディーゼルならではの経済性の高さから、普段使いの相棒として気になっている人もいるだろう。

「SKYACTIV-D」はJC08モードで19.2km/L(2WD)の低燃費が魅力(写真:マツダ)

しかし、いくら進化したとはいえ、ディーゼルエンジンは構造上、チョイ乗りが多いとエンジン内にススが溜まりやすい。短距離・短時間の移動が多いユーザーにとっては、後々トラブルが発生する可能性もあるので注意が必要だ。

AWDは、雨や雪などの滑りやすい路面ではもちろん、ドライ路面においても4輪の力を効率的に引き出せるように自動的にトルクを配分してくれる「i-ACTIV AWD」。さらに、スタック時の脱出に効果を発揮する「オフロード・トラクション・アシスト」も搭載される。FFとの価格差はおよそ24万円なので、必要に応じてチョイスしたい。

次ページグレードはどれがベストチョイスか
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。