マツダ「CX-30」実際に買うならどのグレードか

選ぶ決め手は「セットオプション」にあり

悩ましい問題がグレードの選択だ。SKYACTIV-Gにのみ、PROACTIVEの下に位置する廉価グレードが用意されているが(PROACTIVE比22万円安)、他のグレードに標準もしくはオプション設定される多くの装備が省略され、内外装も簡素なものとなる。

先進安全装備の類は標準装備となるが、「1円でも安くCX-30が欲しい」という人以外にはあまりオススメできないグレードだ。

買い得感ならTouring Selection

そのため、基本的にはPROACTIVEをベースに、どの装備が必要なのかを検討するほうがわかりやすい。

PROACTIVEでオプションとなっているのは「シート&ステアリングヒーター」「運転席10wayパワーシート」などがセットとなる「ドライビングポジションサポートパッケージ(6万6000円)」や、レーダークルーズコントロールで走行中、渋滞に遭遇したときにステアリングのアシストもしてくれる「クルージング&トラフィックサポート(5万5000円)」、「CD/DVDプレーヤー+地デジTVチューナー&スーパーUV/IRカットガラス」のセット(4万9500円)などとなるが、PROACTIVE Touring Selectionを選ぶとこれらはすべて標準装備となる。

PROACTIVEとPROACTIVE Touring Selectionの価格差は約12万円だから、これらを選ぶのであれば、最初からPROACTIVE Touring Selectionを選ぶほうがお得だ。

L Packageに装備されるパーフォレーションレザーシート(写真:マツダ)

一方のL Packageはシートが本革となり、内装の加飾も変更される豪華グレード。しかし、CD/DVDプレーヤー+地デジTVチューナー&スーパーUV/IRカットガラスがオプション設定となるなど、すべての装備が標準となるわけではないので注意が必要。

その他のメーカーオプションとしては、「360°ビューモニター」と「ドライバーモニタリング」がセットとなる「360°セーフティパッケージ(8万6880円)」が全グレードに、「BOSEサウンドシステム(7万7000円)」がSKYACTIV-Gのベースグレードを除くすべてのグレードに、「電動スライドサンルーフ(8万8000円)」がSKYACTIV-XのL Packageのみに設定されている。

もし、筆者が個人的に購入するのであれば、SKYACTIV-GのPROACTIVE Touring Selectionの2WDモデルを選ぶだろう。このグレードであれば、必要最低限のオプション品をプラスしても総額で300万円前後と、高い質感と装備内容を考えれば非常に買い得感が強い。皆さんもこれを参考に、自分にベストなグレードを見つけていただければ幸いである。
 

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング