マツダ「CX-30」実際に買うならどのグレードか

選ぶ決め手は「セットオプション」にあり

悩ましい問題がグレードの選択だ。SKYACTIV-Gにのみ、PROACTIVEの下に位置する廉価グレードが用意されているが(PROACTIVE比22万円安)、他のグレードに標準もしくはオプション設定される多くの装備が省略され、内外装も簡素なものとなる。

先進安全装備の類は標準装備となるが、「1円でも安くCX-30が欲しい」という人以外にはあまりオススメできないグレードだ。

買い得感ならTouring Selection

そのため、基本的にはPROACTIVEをベースに、どの装備が必要なのかを検討するほうがわかりやすい。

PROACTIVEでオプションとなっているのは「シート&ステアリングヒーター」「運転席10wayパワーシート」などがセットとなる「ドライビングポジションサポートパッケージ(6万6000円)」や、レーダークルーズコントロールで走行中、渋滞に遭遇したときにステアリングのアシストもしてくれる「クルージング&トラフィックサポート(5万5000円)」、「CD/DVDプレーヤー+地デジTVチューナー&スーパーUV/IRカットガラス」のセット(4万9500円)などとなるが、PROACTIVE Touring Selectionを選ぶとこれらはすべて標準装備となる。

PROACTIVEとPROACTIVE Touring Selectionの価格差は約12万円だから、これらを選ぶのであれば、最初からPROACTIVE Touring Selectionを選ぶほうがお得だ。

L Packageに装備されるパーフォレーションレザーシート(写真:マツダ)

一方のL Packageはシートが本革となり、内装の加飾も変更される豪華グレード。しかし、CD/DVDプレーヤー+地デジTVチューナー&スーパーUV/IRカットガラスがオプション設定となるなど、すべての装備が標準となるわけではないので注意が必要。

その他のメーカーオプションとしては、「360°ビューモニター」と「ドライバーモニタリング」がセットとなる「360°セーフティパッケージ(8万6880円)」が全グレードに、「BOSEサウンドシステム(7万7000円)」がSKYACTIV-Gのベースグレードを除くすべてのグレードに、「電動スライドサンルーフ(8万8000円)」がSKYACTIV-XのL Packageのみに設定されている。

もし、筆者が個人的に購入するのであれば、SKYACTIV-GのPROACTIVE Touring Selectionの2WDモデルを選ぶだろう。このグレードであれば、必要最低限のオプション品をプラスしても総額で300万円前後と、高い質感と装備内容を考えれば非常に買い得感が強い。皆さんもこれを参考に、自分にベストなグレードを見つけていただければ幸いである。
 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT