「睡眠の質が高い人」は日中これだけ歩いている

アメリカの学術誌が研究結果を発表

移動量と睡眠の質の関係は?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

日中に歩く量を増やすと、夜によく眠れるようになるかもしれない――。そんな気になる研究が学術誌『スリープ・ヘルス』で発表された。これは歩きと睡眠の相関について調べたもので、きちんとした運動でなくとも体を動かしていれば、いい睡眠につながる可能性があることが示されたという。

睡眠と運動の専門家たちは以前から、身体的な活動と睡眠との相関に関心を寄せる一方で、想定外の結果に困惑させられることもしばしばだった。両者の相関など当たり前だと一般人は思っているかもしれない。トレーニングをして疲れれば、夜はよく眠れるというわけだ。

運動が睡眠に与える影響は

だが過去の複数の研究を見る限り、運動が睡眠に与える影響はそう単純なものではない。あまりに激しいトレーニングをすると相対的によく眠れなくなるという研究もある。激しい運動は眠りを妨げる可能性があるわけだ。

逆に睡眠が運動に影響を及ぼすこともある。よく眠れなかった次の日には、多くの人がいつものトレーニングが通常よりつらいと訴える。また、運動のタイミングは睡眠に影響を及ぼすのか、及ぼすとすればどのようにか、午後の運動は夜の眠りをよくするのか悪くするのか、といったテーマについても、過去の研究は相反する結果が出ている。

こうした過去の研究の多くは、計画的に行われた運動を対象としており、もっと偶発的な日常の身体活動について調べたわけではない。また、調査対象となったのは主に、不眠症など睡眠の臨床的問題を抱えている人々だった。

日中、きちんとした運動をしない(それも普段からかなりよく眠れている)人々が歩く距離を増やした場合、眠りに影響は出るのかどうかはほとんどわかっていなかった。

次ページ移動量と睡眠の質の相関関係は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT