歯を失う人が見落としがちな「根が折れる」事実

歯周病、虫歯ほどではないが警戒が必要だ

一方で歯根の深い位置で真っ二つに割れていれば、ほとんどの場合は抜歯となります。

抜歯を避けるための治療法

しかし、破折の状況によっては歯科用接着剤で破折した部位を接着させ歯を保存する方法や、矯正治療を用いて歯を引っ張り上げて破折した部位を歯茎より上に出すことで極力歯を抜かない場合もあります。やり方は3つです。

1つ目は内側から接着剤で修復する方法です。口腔内接着法と呼ばれ、内側だけのヒビに限られた初期の破折に対して行われます。ヒビの部分を削り、強力な接着剤で修復します。

2つ目は1度抜いて接着剤でくっつけて戻す方法です。真っ二つに割れている場合で歯がもろく弱っていない場合に使われます。口腔外接着再植法と呼ばれ、1度歯を抜いて強力な接着剤で接着し、抜いた歯をまた元に戻して固定する治療が行われる場合があります。

最後はヒビの下縁まで矯正力で歯を引っ張り上げる方法です。ヒビの位置が比較的浅い場合、エクストルージョンと呼ばれる手法で歯を矯正力で引っ張り出してヒビのラインを歯茎の上まで出し、ヒビを取り除いた後、かぶせ物をします。これにより感染を防ぐことができます。

歯根破折はどのようにして予防したらよいでしょうか。いくつか挙げておきます。

歯ぎしり・食いしばり対策
・日中に食いしばる癖がある場合はやめる
・スポーツなどで食いしばってしまう場合にはスポーツ用マウスピースを着用する
・夜間の歯ぎしりにはナイトガード(マウスピース)を着用する
・ボトックス注射で咬筋を緩める
虫歯予防
・神経を抜くことにならぬよう、虫歯がひどくなる前に歯医者に行く
・定期検診を受け、虫歯予防に努める
食事中の注意
・硬いものをガリガリ噛むことは極力控える
・神経を抜いた歯、インプラントの部分では力を入れすぎない
神経を取った後の治療
・硬い金属の土台を避ける
・かぶせて治す

歯はもともと丈夫なものですが、過剰な力がかかりすぎるとやはり壊れてしまうものです。歯の破折は中年以降から徐々に増えてきます。それまでの力の蓄積が発現してくるのでしょう。「自分の歯は丈夫だから」と過信して毎日硬いものを噛む習慣がある人は要注意です。歯に力がかかっている自覚のある人は歯科医師と相談し、予防対策をしましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT