同じ服でもダサい男とおしゃれ男の論理的な差

MBがロジカルに解決するファッションの悩み

それでも、「おしゃれには持って生まれたセンスが必要だ」と誤解されやすいのは、例えば、AというアイテムとBというアイテムの合わせがおしゃれに見えるには「理由」があるのですが、着こなしている当人にはカッコよく見える「理由」がわかっていません。

鏡の前で「これはカッコよく見える」「これはダサい」とケーススタディを繰り返し、感覚的に体得しているだけで、いちいちその「理由」を言葉にしないからです。そういった人をなんとなく「センスがある」という一言で片付けてきました。

こうした「おしゃれに見せる方法」や「おしゃれに見える理由」など、これまで言葉になっていなかったものを言語化し、着こなしの原則やルールを法則や理論として捉え、一度知ってしまえば死ぬまで使えます。時間もお金も労力も、もちろんセンスも必要なくなります。おしゃれは「知るだけ」でできるのです。

客観的におしゃれに見せる法則

まずは「おしゃれ」の大原則から。

大原則「ドレス:カジュアル= 7:3」
おしゃれの大原則はドレス:カジュアル=7:3(写真:MB)

多くの人は誤解しがちですが、おしゃれとは「アイテム単品」ではなく、「全体の着こなし」によって決まります。ユニクロだろうが無印良品だろうが着こなし次第。ですが、そこには「客観的におしゃれ」に見える「法則」が存在します。 

その中でも大原則といえるのが「ドレスとカジュアルのバランス=7:3」の法則です。日本人は胴長短足で童顔が多く、欧米人に比べて幼く見えがち。欧米人であれば5:5で済むその比率を、日本人は少しドレスに寄せて、7:3を意識すると、洗練された大人っぽさがでて、おしゃれに見えるのです。

「ドレス」とは礼装であるスーツをイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。アイテムでいえばテーラードジャケット、スラックス、シャツ、革靴、レザーバッグなどです。

次ページ「カジュアル」とはそもそも何か?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。