「走りたい」をかなえる競技用義足に普及の課題

パラアスリート山本篤選手が教えるクリニック

義足のトレーニングで参加者に教える様子。ボールを持っているのが山本篤選手、右から1人目がハインリッヒ・ポポフ氏(筆者撮影)

アラブ首長国連邦のドバイでパラ陸上の世界選手権が11月7~15日に開催された。この大会で4位以内に入った日本選手は、2020年東京パラリンピックの代表に内定するという重要な大会でもある。大会4日目、男子走り幅跳びT63(義足のクラス)で、山本篤選手(37)が6メートル40センチを跳び、銅メダルを獲得した。

山本選手は、2008年の北京パラリンピックの同種目で銀メダルを獲得、義足の陸上選手としては日本選手初のメダリストになった。2016年リオデジャネイロパラリンピックでも銀メダルを獲得、パラ陸上界のエースだ。

その山本選手が世界陸上出発前の10月下旬、千葉県浦安市の明海大学浦安キャンパスで行われた「ランニングクリニック2019」で下肢切断者に「走る」基礎を教えた。開催したのは義足・義手・車いすなどのメーカーで、1988年ソウルパラリンピックから大会での修理サービスを始め、2020年東京パラリンピックのオフィシャルサポーターでもあるドイツのオットーボック社だ。

競技用義足とは何か

男女10人が参加し、スポーツの競技用義足を使って「最後は走れるようになります」(山本選手)という3日間のクリニック。2015年から行われており、山本選手と同じクラスでのリオデジャネイロパラリンピックの金メダリストで現日本代表コーチ、オットーボック社のアンバサダーを務めるハインリッヒ・ポポフ氏が一緒に指導に当たった。

参加者一人ひとりに教える山本選手(筆者撮影)

下肢切断者が普段の生活に使っている義足は、足と同じ形をしているが、スポーツ用の義足は、テレビなどで見たことがある人が多いように、曲がっている板バネ(ランニングブレード)と地面に接地する部分のソールから成る特殊な形をしている。

切断個所によって、義足に使われるパーツが変わってくる。

例えば膝より上の大腿切断をしている人は、膝継手という、膝関節の役割をするパーツにランニングブレードを装着し、残っている大腿部につけるソケットと呼ばれるカバーに取り付けて使用する。

次ページ義足で蹴るトレーニングに取り組む参加者たち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。