ジム・ロジャーズ「大暴落時こそ、株を買え」

金融危機が再び起これば大儲けのチャンスだ

ロジャーズ氏は言います。

「株を買うときは、誰もが絶望に打ちのめされ、『株の話などもうごめんだ。聞きたくもない』などと口にしているときがいい。そうしたときの株式市場は底であり、上がるのを待つだけだ」

「上がるのを待つ」というのも、なかなか難しいかもしれません。日本株の場合、リーマンショックのときに安く買えましたが、上がるまでにかなり時間がかかりました。その間に、震災もありました。上がるまで持ちこたえた人は多くないでしょう。実際、日本株を持っていた多くの投資家はパニックになりました。しかし、そうした絶望にさいなまれたときにこそ、株を買わなければならないのです。

安く買えれば、大やけどのリスクが小さくなる

シンガポールなどアジアの富裕層はリーマンショック級の大暴落を待ち構えています。強気(ブル)相場の今は、キャッシュポジションを高めています。大暴落時に備えて、株、不動産、会社などを安く買うためです。

ロジャーズ氏はこう説明します。

「安く買うことのメリットは、たとえ予想が外れたとしても大損をすることはない点にもある。今、政情不安が続くベネズエラに投資をするのであれば、おそらく一文なしになるほどの損害を受けることはない。すでに悲惨な状態で、相当安くなっているのだから」

高いときに買えば、もし半値になったりするとリスクは大きくなりますが、十分に安いときに買えば、半値に下がったとしても大きな損害を負いにくい。投資家として一番重要なことは「負けないことだ」というわけです。ただし、ただ単に安いだけで「上がらないもの」を買っても意味がありません。大きく上がるものを安く買うには、どうすればいいのでしょうか。

次ページ割安株の暴落を招く「触媒」を探せ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。