災害時の「住宅ローン返済」意外と知らない基本

購入前に要確認、被災時に後悔しがちな3点

例えば、“水災”の補償ありのプランの保険料は、補償なしのプランのおよそ3~5割増しです。となると、「マンション暮らしだから」「近くに川がないから」といった理由で“水災”の補償を不要と考える人もいますが、内水浸水が起こったり川から離れた立地でも土砂災害の被害に遭った家も報道で目にしたのではないでしょうか。

火災保険を選ぶ際には、松・竹・梅といった3種類程度のプランが提示されるのが通常ですが、どこでどんな被害に遭うかわからない昨今では、「こんなはずではなかった」の声が「竹」「梅」プランで大量発生中です。保険料負担を重く感じるかもしれませんが、せっかく”もしも”に備えるのであれば「松」つまりフルカバーの補償が安心です。住まいは暮らしの“礎”ですので、その補償はケチらないのが無難です。

住宅購入時はさまざまな手続きがあり、くたくたな中で続けて保険の手続きをするケースが多く、ついいい加減になりがちですが、せめて、どんな補償内容なのかは契約時にしっかり確認するのがお勧めです。

ちなみに、持ち家のご家庭の火災保険は、「家財」の補償が抜けているケースが少なくありません。火災保険は、保険を付ける対象として「建物」と「家財」の2つに分かれていて、住宅ローンを組むときは、借入先の金融機関から「建物」の火災保険については入ることを求められるからです。というのは、住宅ローンは建物に抵当権を設定して貸し付ける有担保ローンのため、建物がなくなってしまうと金融機関も困るからです。

逆に言えば、「家財」の火災保険は手つかずな人が多いので、もしもの被災時の生活再建のための軍資金にゆとりを持たせたいなら、「家財」の火災保険に入っておくのも1策です。

ハザードマップは要チェック

もう耳にタコかもしれませんが、これから住宅購入に踏み切るときは、最後の決め手として「ハザードマップ」の確認がお勧めです。

本命の物件の絞り込みが進んできた段階で、一度、ハザードマップポータルサイトで災害リスク情報を確認しておきましょう。場所を入力すると、洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できる「重ねるハザードマップ」のほか、各市町村が作成したハザードマップへリンクして地域ごとのさまざまな種類のハザードマップを閲覧できる「わがまちハザードマップ」を確認できます。

この秋の相次ぐ台風被害でも、ハザードマップのとおりに被害が出た地域が少なからずありました。もしものときの危惧を減らす1策として視野に入れておいてはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。