20・30代が「ずっと稼げる人」になるためには?

年代別「自分の価値を高めるための投資戦略」

さて、ここからは恒例の競馬コーナーだ。

11月10日(日)は、中距離における牝馬の頂点を決めるG1レース、「エリザベス女王杯」が京都競馬場で行われる(距離2200メートル、11R)。

「エリ女」の本命は3歳馬ラブズオンリーユー

世代の力関係の比較が難しいレースだが、デビュー以来4連勝でオークスを制した3歳牝馬ラブズオンリーユー(6枠11番)を本命に採る。オークスのタイムは昨年の優勝馬であるアーモンドアイの勝ちタイムを上回る。休み明けだが、今日の調教技術を考えると、むしろ休み明けにハイパフォーマンスを上げる一流馬が多い。京都コースに強いディープインパクト産駒で、鞍上のミルコ・デムーロ騎手も魅力だ。

対抗はスカーレットカラー(8枠16番)に注目する。前走の府中牝馬ステークスは末脚が際立っていた。外からの差しが決まりやすそうなコース傾向からも狙ってみたい。

単穴は府中牝馬ステークスを叩いて臨む、大型馬のラッキーライラック(1枠2番)だ。ここしばらく勝てていないがレース内容は悪くない。クリストフ・スミヨン騎手への乗り替わりも好材料だろう。

以下、人気になりそうだがG1を連勝するほどの馬と騎手ではないと思うものの、無視はできないクロノジェネシス(4枠8番)、重賞路線で小差に走り続けているステイゴールド産駒の6歳馬クロコスミア(3枠6番)、川田将雅騎手を背に先行しそうなサラキア(8枠17番)まで押さえる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT