「バカと思い込みの強い人」が世の中を変える  

年齢やキャリアを重ねてもサードドアは開ける

「サードドア」のような成功へのマスターピースを見つける方法とは?(写真:peshkov/iStock)  
発売からたちまち12万部突破のベストセラーとなった、アレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。
「未来の設計はできない。でも走っているうちに、その蓄積が自分の未来を決定していくものです」。高橋亀吉賞受賞作『良質な社会と自己訂正能力』やベストセラー『中小企業新時代』などで著名な中沢孝夫・福井県立大学名誉教授はそう語る。高校卒業後、26年間働いたのちに45歳で大学進学、経営学への道を切り拓いた中沢氏は『サードドア』をどう読んだのか?

「喪った日々の他にもう喪うものはない」

『サードドア』を読み終わったとき、「喪った日々の他にもう喪うものはない」という言葉を思い出しました。詩人の鮎川信夫の一節です。この本は、まさに若さの特権で描かれたものですね。僕自身の記憶とも重なって、バカというのは本当に向こう見ずなものだよなあと懐かしくもなりました。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

著者で主人公のアレックス・バナヤン氏は、典型的なアメリカのサクセスストーリーの実現者そのものではありますが、一方で、今のアメリカが持っている大変なところも背負っている世代です。

アメリカでは『ジェインズヴィルの悲劇:ゼネラルモーターズ倒産と企業城下町の崩壊』(エイミー・ゴールドスタイン著・2019・創元社)という本に描かれているように、ゼネラルモーターズに勤めれば老後まで安泰で、高卒や短大卒の人間でも中間層として生きていけるという時代が終わってしまった。それがトランプ大統領の登場にもつながっています。

僕はもともと、平凡な庶民の生涯も、それはそれですばらしいものだと考えています。高卒や州立大学を出たノンエリートの勤労者にとっては、消防署や警察署、郵便局、あるいは製造業のいい会社に入れれば幸せだという世界観があるものなんですよ。アメリカは多様性がありますから、そういった勤労者の世界の一方で、アメリカンドリームを抱え込んで走っていく人もいる。それが、『サードドア』のアレックスですね。

ただ、このひたすら走っていく、18歳のアレックスの思い込みの強さは相当なものです。だって、客観性が何もないんですから。何か目的があったのかというと、「ビッグネームと会いたい」。これだけです。

次ページ「会えば何か学べるだろう」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。