アマゾンを圧倒的に成長させた14カ条の大原則

ジェフ・ベゾスが株主に宛てた手紙から見えた

さらに言えば、事業の拠点がシリコンバレーでも、テネシー州ナッシュビルでも、ロンドンでも、アイオワ州デモインでも、おそらく日本でも、変わらずこの原則は使える。テクノロジー系の会社にも、ピザ店にも、NPOにも簡単に応用できる。

1通目のレターにすべてがある!?

ジェフ・ベゾスが株主へのレターを最初に書いたのは、1997年だ。このレターこそがアマゾンにとっての「1日目」であり、起業時の興奮や、顧客に対して期待を超えるサービスを全力で提供するという声明や、スタートアップの燃料に火をつけるような最新サービスに関する情報が盛り込まれている。

だが、面白いのはここからだ。翌年、1998年版レターを書いたベゾスは、レターの最後にまた1997年版レターをつけたのだ。1999年版レターにも、最初の1997年版レターをつけた。翌年も、またその翌年も、毎年、レターの最後には欠かさず1997年版レターが添付されている。

そのうち、レターの最後にも同じ内容の文言が入るようになり、それも簡略化されていった。

「例年と同じく、最初の1997年版レターの写しを添付します。毎日が1日目だからです」

これはいったいどういうことなのだろう。

これまでのアマゾンの成長に欠かせないのが、一定のサイクルと14の原則だとわかってから、私はレターに戻ってもう1度詳しく検証してみた。すると、文言は異なっていたものの、成長への14カ条すべてが1通目である1997年版レターに書かれていたのだ。これが、ベゾスが1通目のレターを後年になっても載せ続けている理由の1つではないかと、私は考えている。

このように、アマゾンが急拡大した成長原則を知って、自分の仕事や組織に応用できるものを見つけて、そして実際に組織を育ててアマゾンのような市場リーダーにする。そのためのヒントがぎっしり詰まっているのがベゾス・レターなのだ。

『ベゾス・レター:アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則』(すばる舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

とはいえ、残念ながら、21年分のレターすべてを読む時間のある人はそういないだろう(とはいえ、可能ならすべて読むことを強くお勧めする。極めて含蓄のある内容だからだ)。しかし、できれば1通目である1997年版レターと最新のレターだけでも、機会があれば目を通してみることをぜひお勧めしたい。

アマゾンは「完璧な会社」だろうか。そんなことはない。ジェフ・ベゾスは「完璧な人間」だろうか。そんなことはない。アマゾンを好きな人も嫌いな人もいるだろう。ジェフ・ベゾスのことが好きな人も嫌いな人もいるだろう。アマゾンやベゾスに対してどのような感情を持っていようが、問題ない。

ただ、いったんアマゾンやベゾスへの感情はおいて、地上10キロメートルくらいの高さから俯瞰してみてはいかがだろうか。そうすれば、世界一速く売り上げ1000億ドルに達するという歴史上に残る偉業を成し遂げるまでに、ベゾス(とアマゾン)が何をしてきたかが見えてくるかもしれない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT