アマゾンを圧倒的に成長させた14カ条の大原則

ジェフ・ベゾスが株主に宛てた手紙から見えた

シアトルにあるアマゾンの本社(撮影:長瀧 菜摘)

もし、創業者兼CEOのジェフ・ベゾスが、アマゾンの桁外れな成長を生み出す方程式をあっさり見せてくれて、私たちも同じやり方を実践できるとしたら、どうだろう。実は、それが「レター」なのだ。

ベゾス・レターとは何か?

アマゾンの創業から20年。その間、2000年代初頭にはドット・コム・バブルがあり、2007年から2009年には世界金融危機と世界同時不況が起き、その後も数え切れないほどの不況によって多くの競合他社が倒産へと追い込まれたが、アマゾンはすべて乗り越えてきた。

アマゾンの時価総額が1兆ドルを超えた2018年、ベゾスの資産は約1370億ドルに達した。ビル・ゲイツやウォーレン・バフェット、そしてもちろん世界中の70億人すべての資産を上回って、世界一裕福な人物になったのである。

過去、これほどの成長を遂げた会社はない。その原動力はどこにあるのだろうか。そして、他のテクノロジー企業や書店は総崩れしたというのに、同じ時期にベゾスはどうやって一介のオンライン書店を1兆ドル規模の会社にまで成長させたのだろうか。

次ページ成長の秘訣をベゾス自身が話してくれるとしたら
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT