「スマホ中毒」のわが子を止められない親たちへ

叱ったり強制するのでは解決しない

3) 親も子も感情が出てきたら、感情がおさまるまで待つか、別日程に変える

基本的に人間は感情の動物で、自分の思い通りにいかないことや、短所・欠点を指摘されると感情が先行して出てきます。感情が出ているうちは適切な対話はできず、対策の話もできないため、そのような状況のときは判断・決定を急がず別日程に変えます。いかに冷静にできるかが要です。

4) これらの段階を経て、親は選択肢の提示をする

もし、勉強をするという選択をする場合は今後どうなるか、勉強しないという選択をした場合、どのように生きていくかを示します。そして、勉強するという選択を取った場合、現在のスマホが直接的原因となっていることを子どもが自覚したら、次のステップに進みます(スマホが原因ではないということであれば、別の対策を親子で立てていきます)。

5) 使い方のルールを決める(スマホが直接的原因であると認識した場合)

ルール決めをするときは、初めに子どもの意見から始めます。親の考えの一方通行を行うと、後々子どもは、親が決めたルールがおかしいと言ってきます。ですから、ルール決めは子どもとの共同作業になります。さらに、ルールを決めた場合、そのルールが守られなかったときの対応も決めておきます。おそらく多くの家庭では、ここまでは決めていることでしょう。

しかし、問題は、決めたルールを親が守らないということがあることなのです。例えば、子どもが決めたルールを守らないときに、親がスマホ24時間停止ということを決めていたとします。その24時間停止を親がやらないことが多々あるのです。例えば、子どもはキレるからという理由で。このようにして、約束やルールは破っても大丈夫ということを子どもは学んでいきます。すると、もはやその後は、親が何を言っても子どもは聞く耳を持ちません。

以上のようなプロセスを通じて親も子も学んでいきます。これを「教育」と言います。

親も完璧である必要はありません。こうして学んでいけばいいのです。このようなプロセスを経ずに、いきなりスマホのルール決めを一方的にしてみたり、勉強しないと学校をやめさせるといった脅しをしてみたりするから、事態が悪化していくのです。

物事には手順というものがあり、その手順に沿って進めれば、事態が好転していく可能性が高まります。ぜひ、試されてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。