「スマホ中毒」のわが子を止められない親たちへ

叱ったり強制するのでは解決しない

つまり、ハマりやすい性質か、興味関心の領域がまだ狭いためスマホ以外に楽しいものが見つかっていない状態ということです(もしくはスマホの中に楽しいものを見つけているのかもしれません)。

したがって、問題はスマホをどうこうすることではなく、本人が今後どうしたいのかという点に焦点を当てていきます。

はじめに、その私立中学校になぜ行く必要があるのかを子どもと話し合います。勉強、部活、友達など、学校に行く理由を挙げていくことでしょう。部活を楽しむことはOK、友達と楽しむこともOK、勉強をしたくないこともOKとします。

その場合、勉強しないという選択をすることは、高校に進学した場合、勉強で赤点をとり退学になる可能性もあるけどもそれも受け入れたうえで、勉強をしないという選択をするかどうかの確認をします。

脅すのではなく、Aという選択をすればBという結果になり、A’という選択をすればB’という結果になるという選択肢を親は出していきます。子どもは先のことを予測できないため、目の前の楽しいことに興じる傾向にあります。それはそれで悪いことではないのですが、一方で親は先を見すぎて心配する傾向にあったりします。

ですから、親ができることは、選択肢を提示することなのです。そして、どの選択をするかは子どもに委ねます。親の意向とは異なる選択をする可能性もありますが、それを親が受け入れることができるかどうかということになります。

そこで、そのような親の覚悟を持った話し合いを「真剣」にする場が必要になります。より具体的にプロセスをご紹介します。

1) 親の一方的な押し付けの話にしない

子どもに意見を言わせることから始めます。よく親の一方的な説得や説教というケースがありますが、この場合、子どもにはほとんど話をしている内容は伝わっていません。親はいつものように怒っているなと感じているだけです。ですから、怒るのでもなく、叱るのでもなく、冷静に行わなければ、子どもはいつもの「お小言」の延長として捉え、真剣モードにはなりません。

2) 子どもの「どうしたいのか」を尊重する

尊重するとは、「子どもの言うなりにする」とはまったく異なります。「子どもの意見を尊重してください」と言うと、「子どもの言うことを聞けばいいのですね」と勘違いする人が少なくないのですが、そのような意味ではありません。

子どもがどのように考えているのかを認識するという意味です。「そういうことなのね、よく理解できた」という状態です。しかし、理解をしても、そのまま子どもの言うとおりにする必要はありません。親の意見もあります。子どもの意見と親の意見をすり合わせていく作業が次に必要になります。

*もし、子どもが「喋らない」「適当な反応をする」「キレる」ということであれば、重大決定をする家族会議を開き、家族全員で話をする場づくりが必要になります。それだけ真剣な話が必要とされているときであるというアピールになります。

次ページ「親の側の問題」も認識しよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。