北海道発「夜パフェ」が東京で支持を集めるワケ

「冬でもアイスを我慢しない」という地域性

渋谷にある夜パフェ専門店「Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)」の夜パフェ。左が定番の「ピスタチオとプラリネ」1600円、右が季節商品の「傘 時々…シャイン」1800円(筆者撮影)

「夜パフェ」あるいは「〆パフェ」という北海道発のスタイルが、東京でも密かに支持を集めつつある。

文字どおり、夜間、食事や飲み会の後にパフェを食べることだ。

大人の〆スイーツ、夜パフェの魅力

東京でのブームの震源地となっているのは、夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」。運営しているのは北海道・札幌市を本拠地とするGAKUという企業で、ほかにリゾット専門店、夜パフェ専門店などを8店舗展開している。

2017年10月、渋谷に「パフェテリア ベル」をオープン、わずか1〜2カ月の間に行列のできる店となり、2019年6月には池袋に姉妹店の「モモブクロ」をオープンした。

スタートダッシュの決め手は、夜パフェという物珍しさに加えて、なんと言ってもパフェの美しさにある。写真映えからSNSで評判が広まり、マスコミにも早々に取り上げられたようだ。

「パフェテリア ベル」など、東京の夜パフェ専門店をとりまとめているGAKUの河口典剛氏(筆者撮影)

渋谷の店をとりまとめている東京支部長の河口典剛氏に、夜パフェ専門店の狙いを聞いた。

「帰宅後や飲んだ後に甘いものが食べたくなるという一定のニーズがあると思います。しかし、パーラーやケーキ店は早くに閉店するので、凝ったスイーツを食べようと思ってもなかなか難しいですよね。そこで、2015年に本店である『パフェテリア パル』を立ち上げました」(河口氏)

同社はもともと、2006年に立ち上げたリゾット専門店でスタート。

オーナーがスイーツ好きのため、同店でも手作りのこだわりスイーツを提供してきた。別業態であるパフェ専門店に手を広げられたのもそのためだ。

次ページ開店と同時に閉店までフル回転
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。