推しブームに表れる「どこかに所属したい」欲求 『「推し」で心はみたされる?』熊代亨氏に聞く

✎ 1〜 ✎ 447 ✎ 448 ✎ 449 ✎ 最新
拡大
縮小
『「推し」で心はみたされる?』書影
『「推し」で心はみたされる?21世紀の心理的充足のトレンド』(熊代 亨 著/大和書房/1760円/208ページ)(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
「推し」はただの流行現象ではなく、私たちの人生を左右するほどの重要な要素だ──。アイドルやキャラクターを応援する「推し活」が若い世代を中心に勢いを増す中、精神科医である著者は、それを人々の心のあり方と結び付けて考察する。

──推し活を考えるに当たって、ファンコミュニティーへの参加や、そこでの仲間意識に注目している点が新鮮です。

近年、サブカルチャーの世界には、「萌(も)え」から「推し」へという大きな変化がありました。

特定の対象に熱中する点は両者に共通しますが、気持ちの表現の仕方はずいぶん違います。萌えの時代に重要だったのは、好きなキャラクターから褒められたい、自分を認めてほしいという「承認欲求」でした。またキャラクターとの1対1の関係性を、それぞれが思い描いていたのも当時の特徴です。

一方、推し活をする人はしばしば「推しが尊い」と言います。遠く高いところにいる存在を、仰ぎ見るような感覚で応援しているのです。「このすばらしい存在を皆で一緒に盛り立てていこう」という共通認識の下、SNSやイベントを通じて推す。そこには明らかに、集団性があります。

息を吹き返した所属欲求

──「萌え」が自己完結的であるのに対し、「推し活」では他者との関わりが生まれやすいと。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内