フロンティア・マネジメント代表取締役 松岡真宏氏に聞く 『時間資本主義の到来』を書いた

印刷
A
A

時間効率化から時間快適化へ。企業も個人も「創造時間価値」を追求する時代が来たという。

時間資本主義の到来: あなたの時間価値はどこまで高められるか?
時間資本主義の到来: あなたの時間価値はどこまで高められるか?(草思社/256ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──時間が資本になるわけですね。

時間は買うものから売るものになり、誰もがわずかな時間を切り売りして活用する時代がやってきた。その影響は消費行動、個人の働き方、企業のあり方にまで及ぶ。

時間を経営資源であり資本だとすると、余分なことに使わず、いかに創造的で豊かな価値のあることに使うのかが大事になる。事業に例えて言えば、民間テレビ放送の番組配分はまさにそう。毎日の放送枠は決まっていて、その24時間の枠をいかに高く広告代理店に売ってもらい、つまらない番組をいかに短縮するかで収益を極大化する。人間もまさに1日24時間、一生を80歳として、その時間枠でどのようなサービスや商品を買い、あるいは売るか。そういう収益極大化モデルに似ている。

──わずかな時間を切り売りする?

すき間時間の切り売りで稼ぐ時代がやってきた

情報通信技術の進化で、これまでは捨てられていた5分、10分の移動時間や待ち時間という、すき間のような時間の価値が高まっている。実際、私自身移動中にいくつかの決済をスマートフォンで済ませている。すき間時間を有効に使える時間貸しスペースや「時短」をコンセプトにした商品やサービスの開発、空間づくりは、すでにビジネスにつながっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内