ユヴァル・ノア・ハラリが見通す「雇用の未来」

AIは人間へ新しい仕事を創出するのか?

そのうえ、残っている人間の仕事も、将来の自動化の脅威をいつまでも免れる保証はない。なぜなら、機械学習とロボット工学は進歩し続けるからだ。

スーパーマーケットのレジ係の職を失った40歳の人が超人的な努力をしてドローン操縦士になれたとしても、10年後には、再び新たな技能を身に付けなくてはならないかもしれない。その頃にはドローンの操縦も自動化されている可能性があるからだ。

このような絶え間ない変動のせいで、組合を組織したり、労働権を確保したりするのも難しくなる。今日でさえ、先進諸国の新しい仕事には、何の保証もない臨時のものや、フリーランスのものや、1回限りのものが多い。急激に現れ、10年もしないうちに消えていく職種で労働組合を組織することなど、どうしてできるだろうか?

同様に、人間とコンピューターが協力する「ケンタウロス」型のチームも、生涯に及ぶ提携関係に落ち着かずに、人間とコンピューターの絶え間ない主導権争いになる可能性が高い。シャーロック・ホームズとワトソン医師の2人組のように、人間だけから成るチームはたいてい、何十年も続く恒久的な階層制と手順を作り上げる。

だが、IBMのワトソンのコンピューターシステム(2011年にアメリカのテレビのクイズ番組「ジェパディ!」で優勝して有名になった)と組んだ人間の探偵は、どの決まりきった手順もすぐ崩れ、どの階層制も革命を招くことを思い知らされるだろう。きのうの相棒は、明日には上司に変わっているかもしれないし、規約やマニュアルは毎年すべて書き直さなくてはならなくなる。

コンピューター vs プログラムという世紀のチェス対決

チェスの世界を詳しく見てみれば、長期的にはどういう状況になりそうかがわかるかもしれない。ディープ・ブルーがカスパロフを破ってからの数年間は、たしかに人間とコンピューターの協力が盛んだった。とはいえ近年は、コンピューターはあまりにチェスが強くなったので、人間の協力者は価値を失った。間もなく、完全に無用になりかねない。

2017年12月6日は重大な節目になった。コンピューターがチェスで人間に勝ったわけではなく(そんなことなら、少しも目新しくはなかった)、グーグル傘下のディープマインド社が開発したコンピュータープログラムのアルファゼロが、ストックフィッシュ8を負かしたのだ。

ストックフィッシュ8は2016年のコンピューターチェス選手権のチャンピオンだった。ストックフィッシュ8は、チェスの分野で何世紀にもわたって蓄積してきた人間の経験にも、数十年にわたるコンピューターの経験にもアクセスできた。そして、毎秒7000万のチェスの局面を計算できた。

それに対してアルファゼロは、そうした計算は毎秒8万しかしなかったし、開発した人間たちは序盤の定跡さえも含めて、チェスの戦略をまったく教えなかった。その代わりアルファゼロは最新の機械学習原理を使い、自分自身と対戦することで、チェスを独学で習得した。

それにもかかわらず、新参のアルファゼロはストックフィッシュと100回対戦して、28勝72引き分けだった。一度として負けなかった。アルファゼロは人間からは何一つ学んでいないので、勝敗を決めた手や戦略の多くは、人間の目には型破りに映った。仮に紛れもなく天才的とまでは言えないにしても、創造的と考えていいだろう。

次ページアルファゼロがチェスを学んだ時間は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT