「女王」の跡継ぎはなぜチャールズ「皇太子」か

王国なのになぜ皇太子なのか歴史家が考察

チャールズ皇太子を「皇太子」と呼ぶのはなぜでしょうか?(写真:gandhi/PIXTA)

日本人はなぜか、イギリス王室が大好きである。かつての「ダイアナ・フィーバー」しかり、最近では昨年5月のハリー王子の結婚式しかり。いずれも国をあげての大騒ぎとなった。

筆者はその点、へそ曲がりである。「ダイアナ・フィーバー」の時も、ハリー王子の結婚式のときも何とも思わなかった。ただ歴史家として、かねてから気になっていたことはある。ダイアナ元妃の元夫にして、ウィリアム王子とハリー王子の父親たるチャールズ皇太子である。

気になるのは、チャールズご本人ではなくその「皇太子」という称号のほうであり、彼を「皇太子」と称する風習である。イギリス・エリザベス女「王」の後嗣が「皇」太子では、やはりおかしい。なお、本稿の主旨の都合上、一部敬称を省略する。

英語では何と言う?

英語では一般的に、君主の跡継ぎのことをクラウン・プリンス(crown prince)という。日本でクラウン・プリンスとよばれるのが、天皇の継嗣たる「皇太子」であるのは言うまでもない。立場は日本の皇太子と等しいのだから、日本語は同じ称号で呼べばよい。そういう論理も成り立つ。

それでも筆者がことさらあげつらうのは、東アジア・中国など漢語圏の歴史を専門にしていて、漢字の表記にいささか敏感だからなのだろう。「王」と「皇」「帝」との区別をつけないのは、どうしても見過ごせない。皇太子というなら、あくまで皇帝の後嗣である。

そのおかしなことがどうやら、普通には奇妙と感じられない。なぜそうなってしまうのか。そこにむしろ、無限の関心を覚える。

次ページ「皇」と「王」の違いはどこにあるのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。