「妻から逃げる夫」に有効な対処法はあるのか

妻からの「2人目の提案」に追い詰められる夫

ともみさん夫婦について聞いてみると、まさにこのパターンで、ともみさんはいつもご主人に「なんでやってくれないの? 使えないわね」などと強い口調で当たってしまい、休日はご主人は黙ってひとり離れて録画したテレビをずっと見てるとのこと。そして先日の「2人目」について責めるように詰め寄ったことがプレッシャーになってしまったのでしょう。

一生懸命になるあまりに心に余裕がなくなるのは仕方がないことですが、家族といえど、自尊心を傷つける権利まではありません。

問題なのは、「ことある度に」きちんとコミュニケーションをとらずにきたことです。ちりも積もれば山となるで、小さな心のすれ違いは雪だるま状に大きくなってしまいます。小さなことでも、スルーせずにその場できちんとお互いに落とし込むという作業はとても大切なのです。気がついたときには「存在自体がイライラする、わかり合えない」なんてことにもなりかねませんから。

互いの「感謝するところ」を見直す

「とくに昭和世代の男性は『男は泣くな、弱音を吐くな』と教育されてきていますからね。閉鎖的というか、自分から折れるということが下手な方が多い。お互いの気持ちを考えて、お互いに反省するところは反省する、感謝すべきところはきちんとお互い感謝するという基本的なところから1度見直してみましょうか。

ご主人から見てともみさんは「怒る人、自分の意見が通らない」と認識してしまってるのでしょう。まずそこを打破しましょう。

では、普段ご主人に感謝しているところを教えてください」

「……なんだろう。出てきませんね(苦笑)」(ともみさん)

「小さなことでいいんですよ。作ってくれるご飯がおいしいとか、子どもとの遊び方がうまいとか、むしろ小さなことのほうがいいです。そんなとこちゃんと見てるの?なんて思うような」

「あぁ……はい。確かに作ってくれるご飯はおいしいです。でも夫が台所に立つとものすごく散らかっていつも嫌だなと思ってしまうんですが、おいしいのはおいしいです。夫は子どものことを強く叱ったりしないので、子どもも夫といるときは伸び伸びしている感じです。言われてみると、いい面もあるはずなのにその前後の嫌なところしか目につかなくなっていたかもしれません。反省ですね」(ともみさん)

こちらからの投げかけで、ともみさんの口からようやくご主人のいいところが出てきました。普段から、お互いに「ありがとう」という言葉も交わせていなかったようです。

次ページ「ありがとう」は夫婦関係の肝
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT