「妻から逃げる夫」に有効な対処法はあるのか

妻からの「2人目の提案」に追い詰められる夫

さらにこのキャンプの帰りの車で、ともみさんはご主人から思いもよらない提案をされました。

「40歳ってもう妊娠が難しい歳みたいだね。夫婦で不妊症のチェックができるクリニックあるみたいだから一緒に行ってみようか」と。

「正直とても驚きました。私自身検査は行こうと思っていましたけど、まさか夫からそのように切り出されるなんて思ってもみませんでした。しかも、こういった検査って女性ばかりで男性ってそういった意識ある人少ないじゃないですか。いつも黙ってばかりで何も考えてないと思っていたけど、夫なりに考えてくれてたんだって、おもわず涙腺がゆるんで、私も不安だったんだって実感しました」

夜の営み復活にはまだハードルがあると話していたともみさんですが、ご主人からのこの提案で随分心がほぐれたようで、次の排卵日には子づくりをしようという約束をすることができたと照れ笑いしながら話してくれました。

関係悪化の原因は「内容」より「言い方」

そのほかには日常でも、例えばご主人が皿洗いをしてくれた後には以前なら「床もびちょびちょじゃないの!」と怒っていたところを、「皿洗いありがとう」と言えるようになったそうです。不思議なことに、「ありがとう」と言われるとご主人も気持ちがいいのか、皿洗いの後に自発的に周りに飛び散った水を布巾でふき取るようになったとか。

いいところを意識をするようにしたらストレスが軽減されてあまり怒らなくなったと言います。

ともみさん夫婦のように、夫婦関係の悪化の原因で多いのは、「何か」ではなく、その「口調」や「言い方」です。悪気はなくとも、強い口調で言われれば誰でも委縮してしまいますし、逆に、嫌なことでも柔らかい口調で言われるとなぜだかそんなに嫌な気持ちにならないものです。これはある種のテクニックのようなものですが、少しの心がけで相手の心にすっと近づけるものなのです。

そして、 お互い「リスペクトの心」がないとコミュニケーションはうまくいきません。

前向きに話し合うにはとくに、この「認め合い」と「お互いへの感謝」がないと始まりませんので、心に少しの余裕は忘れずにいたいものです。それから、世のご主人方も、不機嫌な妻が目の前にいるときには委縮せずに、「一緒にやろう」と一言添えてぜひ積極的な姿勢でいていただけたら妻の態度も少し柔らかくなるかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT