30→40代で男の肌が「急激に老化」する2大要因

男性肌に長けたマンダム研究員に聞く

肌の衰えは第一印象にダメージを与えます(デザイン:小林 由依)

「スキンケアに気を遣うのは女性だけ」という考え方はもはや古い。今、国内で男性用化粧品市場がじわり拡大している。富士経済の調査によれば、2008年に1000億円に満たなかった市場規模は、2020年に1200億円近くに到達する見通しだ。

中でも伸びを牽引しているのが、化粧水や日焼け止めなどのスキンケア製品だ。従来から男性向けシリーズを展開している資生堂やマンダムなどに加え、2018年には女性向けで絶大な人気を誇るポーラ・オルビスホールディングス傘下の「THREE」、今年に入って富士フイルムの「アスタリフト」も男性向けラインを投入した。

若年層のみならず、肌の老化を気にし出す中年層からの需要も高いのが特徴だ。一緒に働く女性の増加により、男性のエチケット意識が高まっていることなどが背景にあるといわれる。『週刊東洋経済』は、10月12日(土)発売号で、「ビジネスに効く 最強の健康法」を特集している。

若々しい肌を手に入れることは、自信をつけ、仕事での第一印象を上げるうえでも大きな意味がある。それでは、男性が美肌を手に入れるためにすべきこととは何なのか。「ギャツビー」、「ルシード」などの男性向け化粧品ブランドを持ち、15年前から延べ1400人以上の男性の肌を検証してきたマンダム基盤研究所の研究員、山口あゆみ氏に話を聞いた。

男性が肌を気にし出すのは40歳前後

――女性の場合、ファッション雑誌などを読むと20代後半くらいからアンチエイジング対策が推奨されていますが、男性が肌の老化を気にし出すのはいくつからなのでしょう。

『週刊東洋経済』10月12日(土)発売号の特集は「ビジネスに効く 最強の健康法」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

女性の場合、つねに肌の状態を気にして生活している人が多いので、若いうちから老化が気になり出します。一方、男性が気にし出すのは40歳前後といわれています。ふと鏡を見たり、同窓会に参加したりしたことなどをきっかけに、「急にシワが増えたなあ」と。私たちの調査でも、男性の顔データを収集して平均した「標準顔」を出しても、肌の防御機能が衰えてくる30代から40代にかけて初期老化が急に進んでいることがわかります。

――そもそも、肌が老化するとは、具体的に何がどう変化しているのでしょう?

まず目元のシワが目立ってきます。目頭の下から頬にかけてのブルドッグのようなシワ、「笑いジワ」とも呼ばれる目尻のシワなどが代表的です。シワの深さを測定すると、40代から急に目立ち始めて、その後どんどん深く刻まれていきます。

次ページ肌の色が赤黒くなっていく
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT