30→40代で男の肌が「急激に老化」する2大要因

男性肌に長けたマンダム研究員に聞く

(出所)『週刊東洋経済』10月19日号(10月12日発売)

女性も日焼けはしますが、ファンデーションを塗る習慣がある人は、これが紫外線をブロックする役割を担うので、男性のほうが受けるダメージはより深刻です。具体的には、以下の3つを毎日の習慣に取り入れてみるといいでしょう。

まず、ひげ剃りの時にできるだけ肌へのダメージを少なくするようにすること。ひげ剃りの際、ひげと一緒に肌の表面も削られます。削られた肌は再生しようとしますが、その度に硬くゴワゴワしてきます。

「メロンパン肌」はその成れの果て。水で濡らしただけのT字カミソリで、毛の流れに逆らってゴリゴリ力任せに剃るなど、言語道断です。ジェルをつけ、毛が生えている方向にそってやさしく剃りましょう。最近は、「肌にやさしい」ことをうたう電動シェーバーの品数も充実してきたので、こうしたものを選ぶのもいいでしょう。

ひげ剃り後は、すぐ保湿することです。保湿といっても何をつければいいかわからない、という初心者はまず、化粧水だけでもOK。保湿をすれば、肌が本来もっているバリア機能を整えることにつながる。基本中の基本です。

――何を選べばいいのかわからない、という方もいます。

使用感の好みなどは人によってばらつきがあるので、まずはドラッグストアに行って、1000円程度で男性用をうたう化粧水を手に取ってみるといいでしょう。もうちょっと保湿感が欲しい、という場合は、乳液を使うのもいいです。

日焼けの肌は加齢に伴って戻りにくくなる

――紫外線対策は?

なんといっても日焼け止めを塗ることです。日焼け止めのパッケージには、紫外線防御指数を示す「SPF」が記されていますが、これが高いほど効果は高いということになります。ゴルフやランニングなど、屋外で長時間活動する際は、「SPF50」を選ぶと安心ですが、含有されている成分が、肌に負担をかけてしまう場合や、重たく感じてしまう場合もあります。

したがって、通勤や外回りなど、短時間の外出なら、SPF30前後で十分といえます。もっとも、汗や摩擦で日焼け止めは落ちてしまうので、外出前に塗ったら、持ち歩いて塗り直すといいでしょう。最近は、乳液の中に日焼け止め成分が含まれているお手軽なものもあります。

ちなみに、過去の経験から「1度真っ黒に焼けても、冬になると自然に白くなっているから、そこまで神経質に対策しなくても大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。加齢に伴い新陳代謝が悪くなるため、日焼けした肌の色は、だんだん戻りにくくなっていきます。

――飲酒や喫煙の習慣が肌に悪いという話も聞いたことがあります。

過去に調べたことがありますが、その際の調査からは明確に影響があると確認できるデータが取れませんでした。やはり紫外線やひげ剃りの影響のほうが大きい。ただ、たばこを吸うと血流が悪くなることは確かなので、少なくともよい影響はないのではないでしょうか。

『週刊東洋経済』10月19日号(10月12日発売)の特集は「ビジネスに効く 最強の健康法」です。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。