「みんなで筋肉体操」が実践する超効率筋トレ術

1日最短2分、週2~3回で鍛えられる!

より時短で集中して一気に行いたい場合は「スーパーセット」で。スーパーセットとは、異なる部位の2つの種目を10秒程度の短い休みで交互に行うという方法です。これなら同じ内容でも4分ほどで燃え尽きることができます。

この場合もペース配分せずに、各セットしっかり「オールアウト(鍛えたい筋肉を追い込み切ること)」してください。

スーパーセット法(画像:『みんなで筋肉体操』より)

また、スタイル改善や健康増進をしたい方へのメニューとして「シンプルコース」があります。

スタンダードコースでは1部位あたり2種目で2セットずつでしたが、シンプルコースではそれを半分にします。1種目を1セットとし、2種目2セットを1回の筋トレで行います。

1回2種目たった2分です。ただしその2分で確実に力を出し切りましょう。量は減らしますが、質は下げません。

約2分でのメニューの例(写真:『みんなで筋肉体操』より)

実際に筋肉体操をやってみよう

では、実際に筋トレをやってみましょう。

スクワットと腹筋からそれぞれ1種目ずつ紹介します。

まずは、スクワットで「ハイスピード・ノンロック・スクワット」。

「30秒全力+10秒休息+20秒全力」と、時間を区切って速く高回数行うスクワットです。立ち上り切って休まずひたすら動きを繰り返します。筋肉に効かせるためにも、ケガの防止のためにも、下ろす動作はやや丁寧に行いましょう。

休まずひたすら動きを繰り返すスクワット(撮影:平田かい 写真:『みんなで筋肉体操』より)

次に、腹筋で「ノンロック・レッグレイズ」。

いすなどに腰掛けた姿勢で、足の上げ下ろしを繰り返します。足を上げる動作では、腰を丸めていくので、腹筋の下部を中心に足を振り出す腸腰筋と腿前の大腿直筋にも効きます。足を上げるときには「キュー」と声を出してしっかり上げ切ります。下ろす動作も丁寧に行ってください。

(左)足を上げる動作と(右)足を下ろす動作は丁寧に行う(撮影:平田かい 写真:『みんなで筋肉体操』より)

筋肉体操流の筋トレで、短時間で筋肉を追い込み、理想の体を作りましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT