東京海上HD、米保険に「3255億円」投じる狙い

過去12年間で2兆円投資、目立つ米市場偏重

約4年ぶりに数千億円規模の海外企業買収を決めた、東京海上HDの小宮暁社長(右から2番目、撮影:大澤誠)

東京海上ホールディングス(HD)が10月3日、アメリカの富裕層向け保険グループを約3255億円で買収すると発表した。6月に小宮暁氏が新CEOに就いたばかりだが、新体制でも海外事業を強化していくという明確な姿勢を印象付けた。

東京海上HDは2008年以降、イギリスのキルン(2008年・買収金額約1100億円)を皮切りに数千億円規模の買収を積み重ねてきた。

今回の「ピュアグループ」(2020年1〜3月予定、同3255億円)と合わせて、過去12年間で2兆円超を投資した計算になる。特にアメリカ市場への偏重ぶりは際立つ。

買収で富裕層向け保険市場に参入

「グループCEOへの就任以前から、(先進国だけでなく新興国も含めて)買収候補のスクリーニングを進めてきた。いい会社にめぐり会ったと思っている」。東京海上本社で行われた記者会見で小宮グループCEOはこう強調した。

今回の買収対象となるピュアグループは、2006年に設立された比較的新しい企業グループで、市場が急拡大している「ハイネットワース」と呼ばれるアメリカの富裕層向け保険市場に特化した事業を展開している。事業形態は独特で、「レシプロカル」と呼ばれる日本の共済の仕組みに類似した組織の運営を通じて、住宅火災保険や自動車保険、動産保険などを引き受けている。

レシプロカルは、株式会社と相互会社と並ぶ、保険事業を営む第3の形態としてアメリカで50以上が組織されている。ピュアグループはレシプロカル全般の業務運営(保険引き受けや損害サービス、証券発行など)を引き受け、その対価として取扱い保険料の約20%を受け取る。これがグループ収益の大半を占める。

次ページ収益の中心は手数料で経営は安定的
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。