ラグビー観戦しながら考える「多様性の本質」

なぜ「自己肯定感」が得られるのか

ラグビー元日本代表の大西将太郎さん(左)と廣瀬俊朗さん(右)のおふたりに、ラグビーの魅力について語ってもらいました(撮影:今井康一)  
いよいよ、ラグビーワールドカップ日本大会が開幕した。世界最高峰の試合が間近で観られるまたとないチャンス。「ルールがわからない」「試合の観方がわからない」と敬遠してしまうのはもったいない。
ラグビー元日本代表で、このたびともに観戦指南書『ラグビーは3つのルールで熱狂できる』を上梓した大西将太郎さんと、『ラグビー知的観戦のすすめ』を上梓した廣瀬俊朗さんにラグビーの観方と魅力について話してもらった。(後編)
前編:「ラグビー元日本代表ふたりが教える『観戦の極意』

違う価値観を認められるのがいいところ

――廣瀬さんは著書で「多様性」がラグビー最大の魅力だと書かれていますね。

大西将太郎(以下、大西):まず僕から先に。ラグビーはポジションがいろいろあって、必ず1つは自分がやれる、自分の好きなポジションが見つかるのがいいところ。そしてラグビーをやると、さまざまなバックグラウンドを持つ選手たちと関わることになる。

僕も日本代表や所属チームで、チームメートと同じ時間を過ごすうちに「ああ、彼らにはこういった考え方があるんだ」と気づかされたことがあった。違う価値観を発見する。それを認める。そして自分のビジョンが広がっていく。そんな経験を多くしました。

廣瀬俊朗(以下、廣瀬):自分にあったポジションがあるのが大きいかなと。そこで自己肯定感が得られる。自分はいい意味で、変わらなくていいんだと思える。

そして価値観が違う人と出会って「こんな人もいるんだ」とわかる。それも自己肯定感があるからこそ、自分と違う価値観とか背景を持っている人を認められるんです。まあ、こうしたラグビーの魅力って現役時代はあまり実感していなかったです。改めてこうやって聞かれて、いろいろ考えるようになった感じですね。

大西:確かに。ラグビー憲章(品位、情熱 、結束 、規律 、尊重というラグビー精神のエッセンス)とかもあるけど、現役時代にこれを頭に入れてプレーしていたかといったら、そこまで考えていなかった。でもいま振り返ったら、その精神を体現していたなと思う。

次ページ多様性がハードルとなることは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT