離婚しても、元気なママが一番

青天の霹靂離婚から、天才バカボンへ

 グローバル化が進む中、親たちは、子供を世界で通用するエリートに育てるため、日々、努力を重ねている。しかし、若手マザーの中には、子育ての仕方がわか らず、周りの助言にも恵まれないケースも多い。そこで、一般的な家庭ながら、子供を国際弁護士、国際金融マン、海外著名大学教員、公認会計士に育て上げた 著者が、読者の皆様からの子育て相談に回答する。

 

今回は「子供を連れた正しい離婚ってありますか」という、とても思い詰められた内容のご相談をいただきました。子連れ離婚とシングルマザーの育児について考えて見たいと思います。

【ミセス・パンプキンへの子育て相談】
 私は小1と幼稚園年少の子供がいる母です。昨年末、夫から突然離婚したいと言われました。夫は仕事人間で、私も理解し、信頼していたので、まさに青天の霹靂で人生がひっくり返った感です。
 詳しくは割愛させていただきますが、離婚はやむを得ない状態で、悩むのは子供のことです。
 まだ離婚という言葉も理解できない2人に、これからなんと伝えるべきか、1人親としてどういう教育ができるのか、途方に暮れる毎日です。中学受験も考えていた状態からの急転直下・・・。
 シングルマザーの教育について、ご意見お願いします。
 洋子(仮名)

 

<ミセス・パンプキンからのコメント>

離婚必ずしも悪にあらず

私は旧いタイプの人間なのか、余程の理由でないかぎり、離婚はするべきでないという考えです。「ワインと女房は古いほどよい」という言葉がありますが、これは喜びも苦しみも共にする夫婦の歴史が長いほど、絆や情愛も深くなることを指していると思われます。

生涯を共にすることを誓いながら、ワイン作りに例えるならワインになる前に、些細な障害をさも解決不可能であるかのように問題を複雑にして、簡単にワイン作りを放棄してしまうような、昨今の離婚理由には唖然とするばかりです。それ相当の我慢や辛抱もできないような者に結婚する資格はない、結婚は遊びじゃないよと叱りつけてやりたくなります。

そんな結婚観を持つ私ですが、離婚必ずしも悪ではないとも思っています。にっちもさっちもいかない事情を抱えた、離婚やむなしの夫婦の形を多くみてきました。

次ページ4人が共通して言ったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT