離婚しても、元気なママが一番

青天の霹靂離婚から、天才バカボンへ

食育で健全な精神や人格を育もう

もし私が育児をやり直せるなら、読書習慣を身につけさせることと、食育に力を注ぎたいです。

「食」は人に良いと書くのですね。栄養面や身体の発育面だけでなく、精神や人格の発育には、化学調味料や保存料が入った「お袋の味」ではなく、母親が真心こめて整えた食卓が欠かせないというのは、いろんな分野での研究で証明されています。

何をどのように、誰と食べるかが重要なのだそうです。個食や孤食ではわがままで協調性のない、すぐ切れる性格を作るというデータは有名ですね。

学校の教員である知人の場合は2人の園児を育てる生活が始まった時に、「食べさせることだけは手抜きをしない」と自分に誓ったそうです。その日の夕食のかたづけ時に翌日のお弁当と夕食の下ごしらえをするので、母子3人の夕食は母親がバタバタせずとも整います。子供の話をじっくり聞きながらの夕食を大切にしたそうです。まさに「食卓のある家庭」ですね。

時間が薬

一年ほど前に、洋子さんと同じように青天の霹靂離婚をした人ですが、お互いに仕事人間で趣味も違い、時間的にはすれ違いが多かったのですが、信頼関係で結ばれているからと気にもかけなかったそうです。

信頼していただけに「青天の霹靂」後のショックは大きく、「かな~しくて、かな~しくて~」とフォーククルセイダーズの歌ばかりが口に出ると悲しんでいました。

私は「そんな背信者相手の『霹靂』だから、貴女はすぐに『これで、いいのだ~』(天才バカボンのメロディー)を歌うようになるはずだ」とそれを歌いました。半年後には「これでいいのだ~」に変わっていたそうです。「時」は有り難いものです。

中学受験の心配より当面は、洋子さんが元気で明るく優しいママとなり、素直で優しい子に育てることに目標を定められてはいかがですか。その果実は、必ず洋子さんに返ってきますよ。

※ ミセス・パンプキンへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT