29歳ママさん陸上選手の諦めない五輪への夢

日本記録ハードラー寺田明日香は世界陸上へ

世界陸上への陸上記録会 。女子100mハードルで日本新となる12秒97をマークした寺田明日香(右)=山梨県富士北麓公園陸上競技場(写真:共同通信社)

「今回のレースはハードルが低く見えました」

1レーンから8レーンまで合計80台も並ぶ威圧的なハードルが低く見えた。10台のハードルを飛び終え、100mを走りきると電光掲示板に12秒97の文字が浮かんだ。

これまで日本人が破れなかった13秒の壁を寺田明日香(パソナグループ)が破った。2019年9月1日、29歳のママさんアスリートが女子100mハードルの日本記録保持者となった。27日に開幕する世界陸上ドーハ(カタール)の代表にも選出され注目が集まっている。

日本新記録を出し、笑顔を見せる寺田明日香(写真:時事通信社)

筆者が寺田と初めて会ったのは約2年前、2017年6月の大学病院でのことだった。

「ラグビーで足首を折ってしまったんです!」

置かれている状況とは正反対に明るい笑顔を見せた。

高校卒業後の2008年、18歳のときに日本陸上競技選手権100mハードルで優勝、以降3連覇を果たした。2009年には世界陸上ベルリン大会に出場している。暗雲が立ち込めはじめたのは、その後に開催されたアジア大会(2010年)。ランキングではトップだったにもかかわらず、決勝では最後のハードリングに失敗し5位入賞だった。はじめて調子がいいのに結果が出ずに落ち込んだ。

女性としての体の変化にも悩まされた

挽回しようと気合を入れて臨んだ翌春の合宿で、右足を剥離骨折。

「ずっと捻挫だと思っていました。2011年シーズンの話です。頑張ろうと思っていた矢先のケガでした。ケガをして、走り方がわからなくなったんです。負傷した右足はハードルの踏切の足でしたので、どうやって踏み切っていたのかがわからなくて、体調も悪くなりました。さらに精神的なこともあって、月経不順になったり、空気を吸うだけで太るような女性ならではの体の変化の時期が、高校時代ではなく、20歳を超えたこの時期にやってきました」

いつもと変わらない生活をしてるのに、会うたびにいろいろな人から「太った?」と言われるようになり、監督からも「食べすぎなんじゃないか?」と言われ、摂食障害のような症状にも陥ったという。

症状は改善されず、2012年ロンドン五輪出場を目の前にして逃し、落ち込んだ。そこから世界陸上に向けて奮起したものの、負のスパイラルから抜け出すことができず、2013年6月の日本選手権を終え、そのまま現役を引退した。23歳のときであった。

「足が遅くなっているのに注目されるのはつらかったです。やめる際は陸上トラックを見たくないほど精神的にも落ち込んでいました。切り替えて大学へ行こうと思いました。子どもも欲しいし、働きたいし、陸上とまったく関係ない新しい生活を送ろうと決めたんです」

次ページ引退後に結婚・大学入学・仕事・子育て
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。