29歳ママさん陸上選手の諦めない五輪への夢

日本記録ハードラー寺田明日香は世界陸上へ

それでも自分が後悔しない道を歩みたいと思った。

寺田と接していて唯一わからないことがあった。なぜ年齢を重ねたのに足が速くなったのか、という点だ。

「ラグビーで骨折した際に、いろいろな体の癖の修正や細かい部分のリハビリをしました。陸上の場合は、まっすぐしか走らないですし、どうすれば前に速く走れるかしか考えていないんです。ラグビーでは、しゃがんだり転んだり、急に止まる・急に走り出すなどの陸上にはない動きをたくさんやりました。ラグビーを通じて筋肉の使い方を自分でコントロールできるようになったんです」

そうは言うものの30代間近の女性で、ベストタイムを更新するケースはかなりレアケースで、世界的にもほとんどないとのことだ。

「若い頃にもっと速く走れたのでは?」と筆者は尋ねたが、「あの考え方だと行き詰まってたと思います。当時はコミュニケーションの取り方がすごく下手でもっと頑固でした」という返答であった。

いろんな経験をしたことで、聞く耳を持って柔軟な考え方ができるようになったのだろう。自分の世界しか見ていなかったところから、周りがいろいろと見えるようになり、視界が開けたことも速くなった理由のひとつだろう。

娘は5歳になり、ママが何をやっているのかわかるようになってきた。「頑張る過程が大事」ということを伝えるべく、時々練習場にも連れていき、母の背中を見せている。

「旦那は、今はマネジャーもしてくれています。けんかもするし、うるさいんですけれど日本新記録を出していちばん喜んでいたのは旦那でした。スポーツに関して理解がある人でよかったなと思っています。家事・育児も分担していて、ゴミ捨てや娘の保育園や習い事の送迎などの大変な所は、ほとんど旦那です(笑)」

ママが東京オリンピックで走る姿を見せたい

夫と娘と共に歩んできた。7人制ラグビーでは1~2週間にわたる合宿がよくあり、当時2歳の娘と別れる出発時には涙を流した。

寺田 明日香(てらだ・あすか)/1990年北海道生まれ。小学校4年生から陸上競技を始め、本格的にハードルを始めたのは高校1年。2013年に現役引退。結婚・出産を経て7人制ラグビーで現役復帰、2018年12月から陸上競技へ復帰。100mハードル日本記録保持者(写真:筆者提供)

娘が産まれたときに持っていた夢は「家族3人で東京オリンピックを見に行こう!」。それが、「ママが東京オリンピックで走る姿を娘に見せたい」に変わった。

9月の富士北麗ワールドトライアルで日本記録を更新した寺田は世界陸上2019ドーハの代表に選ばれた。世界陸上は10年ぶり2度目の出場となる。

「世界陸上では、私より速い選手ばかりなので、どういう動きをして速さに結びついているのかを一緒に走って感じたい。そこで私の現時点での力がわかると思います」

9月27日に開幕する世界陸上で、寺田が出場する100mハードルは大会9日目の10月5日に予選、6日に準決勝と決勝が行われる。

不可能を可能にしてきたママさんアスリートが次はどんなサプライズを披露してくれるのか、2020年東京オリンピックを目指す寺田から目が離せない。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT