「トイレが汚い外食チェーン」の株は買うべきか

カリスマ投資家Bコミさんの負けない投資術

株の初心者はどんな投資をすればいいのだろうか?カリスマ投資家の「Bコミ」こと坂本慎太郎さんが「初心者がやるべきこと」「やってはいけないこと」を伝授します(撮影:今井康一)
米中貿易戦争、日韓、英国問題、サウジアラビアへのドローン攻撃、そして国内では10月の消費増税と、株価にとってネガティブな要因は依然山積みだ。こんな時、プロの投資家は何に着目して、どんな投資先を選んでいるのか。Bコミのニックネームでもお馴染みの坂本慎太郎氏に、「銘柄選びのポイント」を聞いた。

個別企業に投資する場合の「鉄則」とは?

個別銘柄を選ぶ際には、業績が何よりも大事です。テクニカル分析はむしろ不要で、例えば、移動平均線に注目していて、(短期線が長期線を上から下に突き抜ける)デッドクロスが示現する直前まで保有していたら、すでに損切りに失敗してしまうこともあります。

カリスマ投資家のBコミさんは『会社四季報プロ500』で銘柄を常にチェック(クリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

確かに、株価指数先物取引やETF(上場投資信託)、FX(外国為替証拠金取引)などを売買する際は、テクニカルが有効となるケースも少なくありません。しかし、個別企業に投資するなら、まずは業績をしっかりチェックすることが大切です。

とはいえ、すでに業績がピークに達している会社の株式に投資しても、株価の値上がりはほとんど期待できません。その時点ではすでに大勢の投資家が群がり、天井近くまで買い上げられているからです。

「その事業をよく知っている身近な銘柄に投資する」という手法も有効ですが、投資家目線に徹しないと見誤ることもあります。ある個人投資家は、流行っている外食チェーンに行ってみて、トイレが気になり、投資を見送ったそうです。ただ、株価は上昇を続けてしまい、チャンスを逃してしまいました。投資家目線に立てば、トイレが汚くても客が入るということは「ブランド力があり、意識が低い店員がいても店は繁盛するくらい強い」ということでもあるのです。

次ページBコミさんはいつも何に注目しているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。