セブン銀「オワコンではない」新型ATMの勝算

地銀不振やキャッシュレスをどう乗り切るか

セブン銀行が9月12日に発表した新型ATM「ATM+」。顔認証技術やスキャナーなど、さまざまな新機能を盛り込んだ(撮影:大澤誠)

厳しい収益環境のもと、店舗や人員と並んで銀行の悩みの種となっているのがATM(現金自動出入機)だ。

クレジットカードやネットバンキングが普及し、顧客の利用頻度は減少。給料日にサラリーマンがATMに並ぶ姿を見ることもなくなりつつある。

それなのに、ATMにかかる年間の維持費は1台数百万円かかると言われている。9月には三菱UFJ銀行と三井住友銀行が店舗外ATMの共同利用を開始するなど、銀行界でATMは削減の方向に向かっている。

そんな中、ATMの新しい形を模索すべく、9月12日に新型ATM「ATM +」を発表したのがセブン銀行だ。

顔認証技術やスキャナーなど新機能を詰め込む

今回のATM開発でセブン銀行が手を組んだのが、これまでのATMも共同開発してきたNEC。その目玉が世界トップレベルの顔認証技術だ。来春から成田空港での搭乗手続きに採用されるほか、東京五輪の全会場で関係者の認証にも使われる。

このほか、本人確認書類をスキャンするスキャナーや2画面一体型のディスプレイなど、現金入出金以外のサービスにも対応できる機能を詰め込んだ。

セブン銀行の舟竹泰昭社長は「デジタル化やキャッシュレス化が進み、『ATMはオワコン』という声も聞こえてくる。しかし、ATMも進化する」と力強く語る。新型ATMは9月末から投入し、2024年までには全国のATMを置き換える予定だ。

次ページATM利用手数料を収益柱とするビジネスモデル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。