「ポツンと一軒家」の人気に貢献する番組名の妙

「そのまんまやん」系番組タイトルの時代

『ポツンと一軒家』という番組タイトルが強く貢献したターゲットはシニア層だと考えられる。

「そのまんまやん」系の、シニアにもとっつきやすい番組タイトルにひかれて、シニア層が番組を視聴し、タイトルどおりの番組内容を確認。そして徐々にファンになり、結果、番組の中で「『ポツンと一軒家』見てますよ!」としゃべってしまう構造が見て取れるのだ。

実はこのシニアにおける強みは、『ポツンと一軒家』だけでなく、テレビ朝日全体に言えることのようだ。テレビ朝日・早河洋会長兼CEOは、今年3月28日の定例会見で「シニア層に強いテレビ朝日」と断言している。

ちなみに、先の平日昼間のワイドショー/ニュース番組について、テレビ朝日では『羽鳥慎一モーニングショー』『大下容子ワイド!スクランブル』と、番組内容の核となるメインキャスターの名前を全面に出したトラディショナルなタイトルとなっていて、またそれらの合間に『徹子の部屋』や倉本聰脚本のドラマ『やるらぎの刻~道』が流れるのだから、かなりのシニア向けフォーメーションと言えるだろう。

かくいう私(52歳、関東地区在住)も、気がついたらなんとなくテレビ朝日を眺めていることが多い。出演者やセット、画面の作り方が、私世代にとって、どことなく落ち着く感じがする。

もちろんテレビ局のビジネス的観点では、若者層の視聴が重要であることは変わらない。だが、スマートフォンや、さまざまな動画配信サービスとの競合の中で、既存の地上波テレビ局にとって、今後ますます人口増加するシニア層が生命線となっていくことは不可避だろう。だとすれば、『ポツンと一軒家』というタイトルや番組内容、ひいてはテレビ朝日の編成には、テレビ界の未来を指し示す本質的な何かがあるのではないか。

朝日放送テレビの持つ面白さ

最後はテレビ朝日の話となったが、『ポツンと一軒家』の制作は、大阪の系列放送局・朝日放送テレビ(ABC)である。この局は最近では『探偵!ナイトスクープ』、古くは『てなもんや三度笠』などで、大阪発ながら全国的人気のバラエティーを制作してきた歴史のある放送局である。

大阪出身のシニア層である私は、朝日放送制作の『ポツンと一軒家』が今、全国を席巻したことに、ちょっとした感慨がある。

そんな朝日放送テレビの制作で、長らく全国ネットで放映されてきた番組がある。この一見古めかしい「そのまんまやん」系タイトルが、実はテレビ界の未来を指し示し続けてきたのかもしれないと、私は最近思い始めた――。

――『新婚さんいらっしゃい!』。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT