「ポツンと一軒家」の人気に貢献する番組名の妙

「そのまんまやん」系番組タイトルの時代

この番組のチーフプロデューサーである朝日放送・植田貴之氏は、番組タイトルについて2019年3月のORICON NEWSの記事でこう語っている。

「そんなにあれこれ悩まずに、自然とついたんですよね、『ポツンと一軒家』って。もう、衛星写真を見たそのままの印象というか。これほど番組内容を表せるタイトルはほかにない」(「日曜激戦区で快進撃続く…『ポツンと一軒家』成功の理由」)。まさに「そのまんまやん」系だ。

実は、最近話題になっているバラエティー番組には「そのまんまやん」系タイトルが多い。

その代表は、この連載でも取り上げた『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京)だろう。こちらは「大作戦」というレトリックが付いているものの「池の水ぜんぶ抜く」という部分は完全に「そのまんまやん」系。

ほかにも『激レアさんを連れてきた。』『あいつ今何してる?』(テレビ朝日)、『家、ついて行ってイイですか?』『Youは何しに日本へ?』『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京)など、テレビ朝日とテレビ東京のバラエティーに、「そのまんまやん」系タイトルが多い(またその多くが会話調になっているのも面白い)。

「そのまんまやん」系タイトルの深み

そんなトレンドの対極を行くのが、平日昼間のワイドショー/ニュース番組(関東地区)のタイトルだ。テレビ欄を見るとこのようなタイトルが並んでいる(正式タイトルより一部を抜粋したものもある)。

【NHK】『あさイチ』『ごごナマ』『シブ5時』
【日テレ】『ZIP!』『スッキリ』『バゲット』『ヒルナンデス!』
【TBS】『あさチャン!』『ビビット』『ひるおび!』『ゴゴスマ』『Nスタ』
【フジ】『とくダネ!』『ノンストップ!』『バイキング』『グッディ!』

こう並べてみると、記号的なタイトルの羅列に驚く。共通項は以下の3点だ。

1.少ない文字数(SNSとの親和性を考慮?)
2.(1に向けた)略語、短縮形、放送業界用語の活用。
3.「!」の多用。

もちろん『ポツンと一軒家』などのバラエティー番組に対して、これらは平日の帯番組(月~金放映)で、番組内容が日によって変わるため、「そのまんまやん」系番組タイトルは付けにくくなるが、それにしても、あまりに記号的かつ互いに似すぎていて、視聴者の側にとって親しみやすいものとは言い難い。

そんなタイトルが乱立する日々のテレビ欄の中で、『ポツンと一軒家』のような「そのまんまやん」系タイトルは、ぐっと光り輝いてくる。この7文字が、あのドローンで俯瞰した映像が浮かんでくるような、イメージ喚起力の高い文字列となっていることもあって、日曜20時、多くの人々があの番組にチャンネルを合わせるのではないか。

次ページ激戦の日曜20時にシニア層から支持
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT