五輪で人生激変!小鴨由水が歩んだ過酷な人生

マラソン代表選考騒動に巻き込まれた代表選手

保険会社の営業レディとしての人生を歩んだ小鴨。『マラソン グランド チャンピオンシップ~東京五輪代表を懸けた運命の決戦へ』はTBSテレビ系列全国ネットで9月11日(水)よる8時~10時に放送(写真:TBSテレビ)  

「彼に支えられていた面が多くて……。今でもそうなんですけど、まだ見守ってくれているというのが常にあります」

光司さんの死を経て、小鴨はある思いを抱くようになる。自分のように、家族を亡くした人たちの力になりたい。そんな気持ちから、小鴨は保険会社の営業レディとして働き始めた。2018年3月に独立して、引き続き顧客の対応を請け負っている。

また、西日本短期大学の非常勤講師としてウォーキングやジョギングの指導をしたり、ランニングの個別指導、障がい者向けのランニング教室、ゲストランナーや伴走などを行って、多くの人に走る楽しさを教えている。

かものこクラブ(障がい者ランニング教室)のメンバーさんと、福岡マラソンの練習をする小鴨。『マラソン グランド チャンピオンシップ~東京五輪代表を懸けた運命の決戦へ』はTBSテレビ系列全国ネットで9月11日(水)よる8時~10時に放送(写真:TBSテレビ)  

周りの人に支えられてきたからこそ、今度は自分が支える立場で恩返しをしたい。マラソンの酸いも甘いも経験した小鴨からは、そんな思いがひしひしと伝わってくる。

「あの(オリンピック前後の)経験があったから、今こうやって子どもを育てながら、一生懸命人生を楽しめています。すごく大事な半年間でした。これからも大切にしていきたいです」

走ることが楽しかった小鴨を「出たくない」とまで思わせたオリンピック。それでも、激動の半年間は悪いものではなかったと振り返る。

MGCはすごくいい基準だと思います

2020年東京オリンピックでは、東京五輪マラソン代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(略称「MGC」)という、新たな選考過程が生まれた。小鴨は「MGCはすごくいい基準だと思います」と話す。

いよいよ9月15日に迫ったMGC。この大会には、指定のレースで基準となる順位やタイムをクリアした選手たちしか出場できない。MGCの上位2名は、そのまま東京五輪代表に内定する。一発選考ではなくなったことで、かつての小鴨のように、一度の好成績だけで五輪代表に選考される可能性は低くなる。

「みんながオリンピックを意識している大会なので、私みたいにオリンピックに出るつもりがない人は、まずいないですよね。『この大会で決める』と、選考レースが明確にされているので、オリンピックにピークを持っていきやすいと思います」

選手自身も、応援している人たちも納得がいく基準になったと、小鴨は考える。

ただ、五輪代表が決定した後で、思うように調子が上がらず、やっぱり走りたくないと悩む選手も出てくるかもしれない。自らも走りたくないと思った経験を踏まえて、選手自身、そして周りの人たちの心がけを教えてくれた。

「感情の浮き沈みはどうしてもあるので、悪いときの感情だけで決めないほうがいいです。私もそうでしたが、オリンピックに出て良かったと、後になって思えたんですね。周りの人たちは、出たくない選手が出たいと思えるようにアドバイスをしてあげて、最終的には選手本人に決めさせてあげれば良いと思います」

多くの大切な人たちに支えられてきた立場として――。自身の経験を話す小鴨の口調は明るく、マラソン界をはじめ大切な人たちの未来がもっと輝かしいものになるよう、やさしく思いやっていた。

(文中敬称略)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。