五輪で人生激変!小鴨由水が歩んだ過酷な人生

マラソン代表選考騒動に巻き込まれた代表選手

そしてオリンピックの2カ月前、合宿地のアメリカで、小鴨は鈴木監督にこう訴えた。

「オリンピックに出たくない」

オリンピックに出られたとしても結果が出せる自信がないから、出たくない。辞退したいと本気で考えた。

五輪前の重圧について語った小鴨。『マラソン グランド チャンピオンシップ~東京五輪代表を懸けた運命の決戦へ』はTBSテレビ系列全国ネットで9月11日(水)よる8時~10時に放送(写真:TBSテレビ)  

この一大事に、小鴨の父と中学時代の恩師・荻野卓(おぎの・たかし)先生が日本から駆けつけた。かつて小鴨に走る楽しさを教えてくれた荻野先生は「楽しんで走る姿を大切な人たちに見せることが大切だ」と小鴨を諭した。

一度は本気でオリンピック辞退を考えた小鴨だったが、荻野先生の助言を受け、考えを改めた。

「これまでは自分のために走っていたのですが、応援してくれる人のためにオリンピックで走ろうと思いました」

オリンピックでのメダルという世間の期待は、20歳の小鴨にとっては高すぎる目標だった。メダルのために走るのではない。これまで自分に力を与え、支えになってくれた身近で大切な人たちのために走る。そう心に決めたことで、燃え尽きてしまった小鴨の闘志に再び火がついた。

一方、小鴨の決意が固まったころ、日本では辞退発言が報道されてしまい、騒動になっていた。この事態に、小鴨と鈴木監督は緊急帰国を余儀なくされた。メダルを期待された選手の進退には大きな関心が集まり、成田空港には大勢のマスコミが押し寄せた。その晩、小鴨に事情を聴いた日本陸上競技連盟が緊急記者会見を開いた。

「『大丈夫です』『やります』ということで、(小鴨)本人から報告を受けました」と、代表辞退報道を正式に否定。これにより、騒動はようやく沈静化した。

バルセロナ五輪まで残りわずか。走る意味を見つけた小鴨が、もう迷うことはなかった。

大切な人たちのために走りきる

小鴨が鮮烈なデビューを果たした大阪国際女子マラソンから、わずか半年。バルセロナ五輪が開幕した。

小鴨は出場選手中、もっとも若い20歳。スタートの合図と同時に、勢いよく飛び出した。集団を引っ張っていく。それが小鴨由水という選手のプレースタイルだった。しかし、このときに関しては「練習不足でした」と語る。

「スタートで飛び出したように見えますよね。ほんとうは、みんながスローペースだったんです。私もいつもよりスローだったんですが、みんなはもっとスローでした。強い選手ほど、我慢してゆっくり集団についていくことができるんです」

次ページ2度目のフルマラソンは完走したものの…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。