韓国大慌て、「金メダル数で日本に抜かれた!」

日本への「強烈な対抗心」はいつまで続くのか

バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋・松友ペアと韓国出身の朴柱奉監督(左)(写真:Enrico Calderoni・アフロスポーツ)

「日本はボルトと競い合っているのに……韓国マラソンは39歳コメディアン(日本人カンボジア代表)と最下位争い」(朝鮮日報、8月23日)

ええっ、こんなふうに比べなくとも――とため息混じりの見出しに思わず苦笑していたら、翌日にも「お笑い韓国マラソン」(同紙、8月24日)と139位だった猫ひろしに触れて、韓国マラソンを嘆くコラムが掲載された。リオオリンピックマラソンで韓国は131位、138位と惨憺たる結果に終わっており、国家代表選手がコメディアンの猫ひろしとブービーレースを繰り広げたことによほど忸怩(じくじ)たる思いだったのだろう。

日本の活躍に驚きを隠せなかった

猫ひろしの例だけでなく、オリンピック開催期間中、韓国メディアは、さながら日韓戦かと思うほど日本を引き合いに出した。たとえば「韓国、日本、12年ぶりに順位逆転になるか リオオリンピック、悲喜が交錯する韓日金メダル数」(韓国経済8月17日)、「10-10達成した日本、12年ぶりに韓国の先を行くか」(スポーツ韓国、8月18日)、「次元が異なる支援 日本が韓国をおさえて善戦する理由」(スポーツ京郷、同)、「韓国負かしたサムライスポーツ、その背後には1140億ウォンのカネの力」(中央日報8月19日)といった調子だ。

韓国は1988年のソウルオリンピック以降、2004年のアテネオリンピックを除きつねに日本を上回る好成績を収めてきた。そのため、水泳、柔道と金メダルを重ねる日本の姿に驚きを隠せなかったようだ。

終盤に行われたバドミントンの女子ダブルスで日本バドミントンに初の金メダルをもたらした立役者が、韓国人の朴柱奉監督だったことにも驚嘆していた。朴監督は韓国の元代表選手。バルセロナオリンピックで金メダルを獲得し、世界選手権などでも優勝を数十回重ね、2001年には世界バドミントン連盟に殿堂入りした重鎮。英国、マレーシア、韓国などでのコーチを経て、2004年にバドミントン日本代表のヘッドコーチに就任した。以来、日本のバドミントンは急速に力をつけ、2012年のロンドンオリンピックでは女子ダブルスで銀メダルを獲得している。

次ページ日本関連の報道が続いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。