韓国大慌て、「製造業の凋落が止まらない!」 かつての危機より事態は深刻だ

印刷
A
A
韓国を代表する造船企業・大宇造船海洋のドックには、韓国経済の 不透明さを象徴するかのように霧が立ちこめている

韓国では今、造船や鉄鋼、石油化学、建設など、いわゆる重厚長大産業の構造調整が進んでいる。好景気に酔い、未来に対して何の準備もせず、信用不安を隠してきた企業、そして企業の信用不安が積み上がりながらもあえて無視してきた政府系金融機関、そんな事態を傍観していただけの政界では、責任の押し付け合いが熾烈だ。

当記事は韓国の経済誌「中央日報エコノミスト」掲載記事の日本語訳です

韓国が足踏みをしていた間に、米国など先進国は産業の高付加価値化や新産業の構築に邁進し、中国を筆頭とする新興国は必死になって競争力を付けていた。今後、韓国の製造業は、ただ黙って立っているだけなのだろうか。

政府や金融当局、KDB産業銀行によれば、政府は構造調整が何よりも必要な業種として造船と海運業を指定し、強力な構造調整を推進中だ。政府関係者は「造船や海運、鉄鋼、化学産業の状況を再点検し、構造調整の方向性を決めることが至急の課題」と述べた。

1997年の金融危機の時より、現在の状況は深刻

政府は構造調整に大騒ぎしている。いったい、韓国の製造業が置かれた状況は、どれだけ深刻なのだろうか。

韓国のシンクタンクである現代経済研究院によれば、史上最悪とされた1997年の金融危機の時より、現在の状況は深刻だと判断する。韓国の製造業の生産増加率は、6四半期連続で低下している。生産増加率が前年同期比で3四半期以上連続して減少したのは、1997年の金融危機の影響を受けた1998年第1四半期から同年第4四半期、そしてリーマンショックが発生した2008年第4四半期から2009年第2四半期以降、3度目のことだ。

次ページ需要が奮わない市場で為す術なく…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT