北朝鮮の楽団が「ガールズグループ」に大変身

<動画>「韓国と変わらない」その公演内容は?

「歌もダンスも地味」は過去のもののようだ(動画:Reuters)

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長がつくった“親衛”的ガールズグループである「モランボン(牡丹峰)楽団」の公演内容が、韓国を中心に北朝鮮ウオッチャーから注目を集めている。社会主義国の芸能人らしい「歌もダンスも地味」といったイメージからの脱却を図り、韓国など海外アーティストに近づけているのではないか、というのだ。

歌重視からダンス重視へ

5月9日に閉幕した朝鮮労働党第7回大会を祝う大規模な記念コンサートが行われたのは11日のこと。このコンサートにおけるモランボン楽団のパフォーマンスを北朝鮮の朝鮮中央テレビが14日に放送した。

これを見た「ソウル新聞」など韓国メディアは、「モランボン楽団の“舞台さばき”が徐々に派手になり、韓国のガールズグループと同じような印象を受けた」と報道した。

モランボン楽団の女性歌手らは、これまではどちらかと言えば歌重視で、振り付けやステージでの動きは少なかった。そのため、北朝鮮メディアのカメラワークも、歌手よりはむしろ、ステージ後ろの楽器演奏家を中心に映すことが多かった。

ところが今回は、「これまで北朝鮮で歌われてきたダンス曲のメドレー曲数も増え、メドレー以外にもマイクスタンドをうまくつかったダンスを披露するなど印象的だった」という声が出ている。

次ページ公演内容が変化した理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT