北朝鮮の楽団が「ガールズグループ」に大変身

<動画>「韓国と変わらない」その公演内容は?

「歌もダンスも地味」は過去のもののようだ(動画:Reuters)

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長がつくった“親衛”的ガールズグループである「モランボン(牡丹峰)楽団」の公演内容が、韓国を中心に北朝鮮ウオッチャーから注目を集めている。社会主義国の芸能人らしい「歌もダンスも地味」といったイメージからの脱却を図り、韓国など海外アーティストに近づけているのではないか、というのだ。

歌重視からダンス重視へ

5月9日に閉幕した朝鮮労働党第7回大会を祝う大規模な記念コンサートが行われたのは11日のこと。このコンサートにおけるモランボン楽団のパフォーマンスを北朝鮮の朝鮮中央テレビが14日に放送した。

これを見た「ソウル新聞」など韓国メディアは、「モランボン楽団の“舞台さばき”が徐々に派手になり、韓国のガールズグループと同じような印象を受けた」と報道した。

モランボン楽団の女性歌手らは、これまではどちらかと言えば歌重視で、振り付けやステージでの動きは少なかった。そのため、北朝鮮メディアのカメラワークも、歌手よりはむしろ、ステージ後ろの楽器演奏家を中心に映すことが多かった。

ところが今回は、「これまで北朝鮮で歌われてきたダンス曲のメドレー曲数も増え、メドレー以外にもマイクスタンドをうまくつかったダンスを披露するなど印象的だった」という声が出ている。

次ページ公演内容が変化した理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT