北朝鮮の楽団が「ガールズグループ」に大変身

<動画>「韓国と変わらない」その公演内容は?

「歌もダンスも地味」は過去のもののようだ(動画:Reuters)

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長がつくった“親衛”的ガールズグループである「モランボン(牡丹峰)楽団」の公演内容が、韓国を中心に北朝鮮ウオッチャーから注目を集めている。社会主義国の芸能人らしい「歌もダンスも地味」といったイメージからの脱却を図り、韓国など海外アーティストに近づけているのではないか、というのだ。

歌重視からダンス重視へ

5月9日に閉幕した朝鮮労働党第7回大会を祝う大規模な記念コンサートが行われたのは11日のこと。このコンサートにおけるモランボン楽団のパフォーマンスを北朝鮮の朝鮮中央テレビが14日に放送した。

これを見た「ソウル新聞」など韓国メディアは、「モランボン楽団の“舞台さばき”が徐々に派手になり、韓国のガールズグループと同じような印象を受けた」と報道した。

モランボン楽団の女性歌手らは、これまではどちらかと言えば歌重視で、振り付けやステージでの動きは少なかった。そのため、北朝鮮メディアのカメラワークも、歌手よりはむしろ、ステージ後ろの楽器演奏家を中心に映すことが多かった。

ところが今回は、「これまで北朝鮮で歌われてきたダンス曲のメドレー曲数も増え、メドレー以外にもマイクスタンドをうまくつかったダンスを披露するなど印象的だった」という声が出ている。

次ページ公演内容が変化した理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT