ネット恋愛を成功させる3つのコツ

勝間和代に学ぶネット恋愛

ネットでの出会いを成功させる3要件

前回の記事で書いたとおり、今や恋愛や結婚の多くはインターネットから生まれていますし、ソーシャルメディアは婚姻率を向上させる巨大なポテンシャルを秘めていると思います。これらを駆使し、個人として最も目覚ましい実績を上げているのは、ほかでもない勝間和代さんです。

その勝間さんの諸作品を読むと、ブログなどのソーシャルメディアで成功するコツと、草食系のオジサンがモテるコツには類似性があることに気づかされます。ネット上で自身のパーソナリティを際立たせ、魅力的な発信をし、相対する人の感情のツボをぐいぐい刺激して行動を起こさせる。これらを上手にこなす要件は同じだからです。具体的には次の3点――

1.勝率の低さは量でカバーする

2.プロフィールの「立体名刺」化

3.会って仲良くなれないなら、会う前に仲良くなれ

順を追って説明しましょう。

量を増やして確率を上げる

草食系のオジサンが婚活や彼女作りを始めると最初にぶつかる壁が、自身の「年齢」です。たとえば40歳を超えると、大半の女性の希望条件から外れるし、加齢現象で容姿は日々確実に衰えていくからです。

この対抗策として有効なのが“勝率の低下を量でカバーする”という戦略です。確かにオジサンは勝率が低いかもしれない。その一方で「オジサン」が好きという女性が少なからずいます。たとえば20代30代の独身OLを対象としたある調査によると、「オジサンは好きか?」という質問に対して、「はい」と回答した人が18%もいるのです(養命酒造調べ)。

だから「確率」の問題なのです。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるということです。

ゆえに「量」をいかに効率的に確保するかが、この戦略を実行するうえでのキモとなります。そこで効力を発揮するのがインターネットです。たとえば、1カ月に100人とお見合いすることは至難の技ですが、婚活サイトで100人にアプローチすることは比較的容易だからです。

実際、経済通産省の調査によるとネットの効率のよさは明らかで、リアル(=結婚相談所)に比べて30%から2倍も婚活期間が短くてすむのです。

ネットでの出会いは、勝率の低いオジサンにとっては心強い味方であるに違いありません。勝率の低下を量でカバーする、勝間さん流に言い換えると「量が質を凌駕する」(出典:『目立つ力』小学館新書)ことがネットの世界ではしばしば起こりえるからです。

次ページ“三高”よりも重視されているもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT