インドが「電動車先進国」になりつつあるワケ

電動リキシャが町を席巻している

電動リキシャはデリーの脇道や未舗装の道路をうなりを上げて走り、乗客はホコリを吸い、体が揺さぶられる。運転手はよく道路を逆走する。リキシャは側面がオープンになっているので、乗り降りはしやすいが、乗客はしっかりつかまっていなければ、車から落ちる危険にさらされる。蓄電池がオーバーヒートすることもある。それでも、多くのインド人乗客にとっては価値のある乗り物だ。

電動リキシャが集中しているインド北部の都市では、電動リキシャがオートリキシャの市場を乗っ取ろうとしている。オートリキシャはディーゼルガソリンか天然ガスで走り、地域のタクシーとしてよく知られており、3人まで乗車できる。

運賃はオートリキシャより安い

オートリキシャのほうが電動リキシャより安全で速いが、運賃は3倍から10倍になる。電動リキシャのほうが安いのは、エネルギーが安いのと、1台に4、5人を詰め込めるためだ。

自転車で引くリキシャもあるが、自転車から電動リキシャに乗り換えることが、多くの運転手にとってグレードアップを意味する。42歳のヴィノード・ジャーは2年前に電動リキシャに乗り換え、自転車の頃よりも乗客が増えたと話す。乗客は人力の車よりも、圧倒的に電動を好む。

サンジット・カマーは、アーユルヴェーダ薬の販売を行うかたわら、ラッシュ時だけ電動リキシャの運転手をしている。カマーは3人の子どもの父親で、妻の関節炎の治療のため、2つの収入源が必要だという。彼は長男とシェアしている1部屋のアパートでインタビューに答え、「とても苦労してきた」と語った。「だが、妻は手が使えるようになり、歩けるようにもなった」と話す。

インドの電動自動車の導入は、同国の他の多くのものと同様に、秩序だったものではなかった。最初の電動リキシャは10年ほど前に現れた。組み立ての前段階まで準備されたキットを、小規模なメーカーが中国から輸入したのだ。中国では、リキシャは主に荷物を運ぶために使われていた。

政府は電動リキシャの増加を2014年まで無視していた。しかし、リキシャの運転手がある母親をはね、その3歳の子どもが熱い油の入った鍋に落ちてしまった。そのため、デリーの高等裁判所は電動リキシャを違法とし、禁止した。

次ページ政府の考え方が180度変わった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT